関西遠征

今回の合宿では強いチームと戦うことにより、レベルアップや、スタンダードの意識改善を目的としました。
私たちはこの遠征で、サッカー面と栄養面について特に意識しました。

その中で、サッカー面では試合の入りと終わり方が良くないことや決定力の無さが目立つ試合が多かったです。
また、栄養面では十文字学園女子大学 健康栄養学科の村田先生に細かいご指導をいただき、主に昼食と試合前後のリカバリー食のメニューを自分たちで考えました。

栄養バランスやその日の運動量に対しての摂取量、疲労回復に必要な栄養素が摂取できるものを健康栄養学科の学生が中心になって考え、全員が同じものを食べました。
なお、ゴールデンタイムである試合後の30分以内に摂取することを心がけ自分の体を管理し、常にベストな状況を作ることをチームで行いました。

その背景には、私たちが1番大切にしている関東大学女子サッカーリーグがあります。
関東大学女子サッカーリーグ、通称関カレはその名の通りリーグ戦になります。
私たちはこのリーグ戦で現在所属している2部リーグで優勝し、1部へ自動昇格することが今年の最大の目標でもあります。

戦いが始まれば約1ヶ月試合の期間が空く節もあれば、試合した4日後に試合を控えている節もあります。
その中でトレーニングでコンディションを回復することはとても大切なことです。ですが、栄養管理でコンディションを整えることもそれ以上に大切であると考えます。

なぜなら、人の体は口にするものでできていているからです。
今回は、全員同じメニューを摂取しましたが、必要な栄養分、量は個人で違うと言うことも学んだため、遠征後の試合、練習試合では個人が遠征でのメニューを参考に自分に必要な食事を心がける姿が多数見受けられます。

このように、今回の遠征を機にサッカー面での意識の変化とともに栄養管理の面でも大きな変化を遂げることができたと感じています。
私たちは常に関東大学女子サッカーリーグを意識し、練習しています。
今回の遠征で学んだことをこれからも継続しリーグが始まる時、チームとしても個人としても最高の状態でリーグを迎えられるようにこれからも準備していきたいと思います。

11:00K/O
昼食:おにぎり2つ、彩り大根のサラダ、ドレッシング
補食:団子1つ、パン2つ
リカバリー食:したらばガニ、オレンジジュース

9:00K/O 
17:00K/O
昼食:サラダパスタ(しゃぶしゃぶ)、ひじきの煮物or切り干し大根orきんぴら、バームクーヘン1個

リカバリー食:笹かまぼこ2個とオレンジジュース

補食:おにぎり1つ、りんごジュース、ステックパン2つ

10:00K/O
昼食:お弁当・したらばガニ・オレンジジュース