サタデーリーグVS神奈川大学

こんにちは。
背番号2番、食物栄養学科1年の石谷唯華です。

6月23日(日)に第3回関東大学女子サッカーサタデーリーグがあり、神奈川大学と試合を行いました。

この大会は、リーグ戦のため、1点1点がとても重要となります。その為、関東大学サッカーリーグに向けて、チーム構成を行える大事な大会となります。

試合開始早々に得点をすることができましたが、それ以降、ボールを保持はしていたものの、前線へと繋ぐことができず、なかなかゴールまで結びつけることができませんでした。

守備に関しても、失点はしなかったものの簡単なパスミスなど、自分たちのミスからピンチを招くシーンが多く、前半はそのまま1ー0で折り返しました。後半に入り、1点を追加しましたが、その後カウンターから失点を許し、試合を2ー1で終えました。

試合を通して、終始ボールを支配している時間が長かったにも関わらず、思うようにボールが前線へと繋げず自分たちが苦しむ時間帯が多かったです。

相手が強くなればなるほど、ボールを保持する時間が短くなり、シュートチャンスも少なくなるため、1つのチャンスをものにできるかが重要となります。だからこそ、日々のトレーニングから、実戦を意識して行うことがいかに大切かを痛感しました。また、試合終了間際の失点についてもずっと課題とされており、勝敗の分かれ目となってくるため、もっと細かいところまで突き詰めて改善していかなければいけないと思いました。

自分たちは、関東大学女子サッカーリーグでの『1部昇格』に向けて日々トレーニングをしています。開幕まで残り2ヶ月弱となり、時間も少ない中、出来る限りの事をして挑みたいと思います。

天候が優れず、会場も遠い中、本日もたくさんの方が応援に来てくださいました。保護者の方々、応援をしてくださる方々など、たくさんの方々に感謝をして1試合1試合戦っていきたいと思います。これからも、十文字学園女子大学サッカー部の応援を宜しくお願い致します。