日体大FIELDS横浜サテライトB

こんにちは。
幼児教育学科 1年 梶井鈴音です。

7月21日(日)に東京都リーグ第4戦で日体大FIELDS横浜サテライトBと試合を行いました。

東京都リーグは、関東リーグ参入に向け、1戦も落とせないという緊張感もった中で勝利することを目標として挑んでいます。

日体大戦では、今週の練習で意識してきたことを試合の中で実践していこうということをチーム内で共有し試合に入りました。

前半は、相手の特徴を把握しきれず相手を見てサッカーをするということがおろそかになってしまいました。その結果、ゴール前で決定的なチャンスを生み出すことができないまま0–0で前半を折り返しました。
今週の練習でやってきたことを再確認し、相手を見てサッカーをすることを心がけ後半に入りました。

後半は、ボールの取り所もはっきりし、流れの中から2得点することができました。そのまま無失点で2得点を守りきり、2−0で試合を終えました。

個人的には、積極的にゴールを狙うことを意識して挑みました。常にゴールを意識することで、ボールに関わる回数や運動量は増えてきたのではないかと思います。しかし、ゴールを奪うことはできませんでした。ハードワークをする中でチャンスを見つけ、ゴールへと直結するプレーができるようにしていきたいと思います。

チームとしては、2つ課題があげられました。
1つ目は、練習してきたことを、試合の中で実践することができていないことです。練習の時から、試合をどれだけ意識してやれるかということが、今後チームがどれだけレベルアップすることができるかにつながっていくと考えます。「練習のための練習」ではなく、試合のための練習をしていきたいです

2つ目は、前半から自分たち主導のサッカーをできるようにすること、前半のうちに修正をピッチ内でできるようにすることです。強いチームと戦っていくうえで、1試合の運び方はとても重要になっていきます。早い段階で有効な攻撃、守備をみつけられるように多くの試合をみて、チーム内でのイメージの共有を図りたいです。

「関東大学女子サッカーリーグ」まで残りあとわずかとなってきました。普段の練習の質を高め、大事な試合で練習以上の力を発揮できるようなチームにしていきます。

これからも十文字学園女子大学サッカー部の応援を宜しくお願い致します。