関カレ第3節 VS流通経済大学

こんにちは。背番号10番 児童教育学科 3年 源間葉月です。9月2日(日)に第32回関東大学女子サッカーリーグ第3節目として、流通経済大学と試合を行いました。この流経戦は、十文字学園女子大学サッカー部として大切な1戦です。なぜなら、去年後半のラストで自分達のミスから2失点をしてしまい、1-2で敗戦したという悔しい過去があるからです。去年の流経戦は全員が忘れていないと思います。個人としても去年の流経戦は忘れていません。私は、去年の流経戦に出場しました。1-0で勝ってる中でラストの所で自分に甘さがあったから1-2で敗戦という結果になったと思います。あそこで、自分自身がどのようなプレーをしてれば良かったのかという事を沢山考えました。また、この時に1番悔しい思いをしたのは、去年の4年生です。去年の4年生は、その気持ちを晴らす場がありません。私達はあります。去年の4年生の分も今年は、必ず勝つという気持ちで挑みました。プレーに関しては、練習でもいつも課題となってるゴールをみることを意識しました。ボールをもらう前にゴールをみてGKの位置を把握すること。コントロールでシュートできる場所に置くことを意識してプレーしました。また、去年のような事を繰り返さないよう、最後まで集中してプレーするのはもちろん、まだあの苦い経験をしたことのない一年生へ集中が途切れないよう、声をかけ続けました。結果は0-0でした。この試合結果に対して、勝ち点1とることができたから良かったと感じる人もいるかもしれません。ですが、私自身、勝ち点3を取る事が出来なかったという気持ちの方が大きかったです。また、チームとして自分達のサッカーを表現する時間が短くなってしまった、という悔しさもありました。試合に出場する11人とベンチメンバーにはチャレンジする場があります。ベンチに入れなかったメンバーは、チャレンジする場がありません。試合に出場するという事は、1人だけの思いではなく、十文字学園女子大学サッカー部の思いが託されています。代表で出てるという事を考えてチームの為にプレーしないといけないなと思います。当たり前の事ですが、今回の試合ではそれが足りなかった為、0-0という結果になったと思います。私は、誰かがミスしても全員でカバーする事、全員で戦う事ができるチームが強いと今回の試合で改めて感じました。

個人では、ゴールをみることを課題にしていましたが、全く出来てなかったです。コントロールでシュートできる場所に置くこと、GKの配置をみてプレーする事を考えられてなかったです。なぜなら、ボールをもらう前の準備が悪く、ボールが来ても事前に相手がどのように来てるのか見えてなかったことやボールが足元に入りすぎてるからです。その為、力強いシュートが打てずに、ただゴールに向かって蹴ってるだけになってる場面がほとんどでした。シュートを打つにしても、事前に相手がどのようにプレッシャーをかけてきてるか、プレッシャーの強度、コントロールした時のボールの置く位置、慌てずに冷静に行うことなどそれらをボールをもらう前から準備や判断してプレーしなくてはいけません。練習から準備の部分、観てプレーする事を意識して行わなければいけないと改めて感じました。また、今までの練習での意識の低さやこれくらいで大丈夫という甘さが出たと感じました。さらに、最後まで集中してプレーする事は最低限ですが出来たとおもいます。その結果失点0で抑えることができました。しかし、最低限度のことであり、まだまだ切り替えが遅く、ボールへのプレッシャーに誰が行くのか、競った後のセカンド、役割分担などが出来てなく失点に繋がる場面もありました。レベルの高いチームは、自分達の少しの隙も見逃さず得点に絡んできます。自分達はその隙を無くさなければいけないし、改善するための方法を全員が考えて行動しないといけないと思います。そして最後に、流れが悪い時、出場してる選手が苦しいときに私自身が、チームメイトにどのような声をかけを行うべきか考えないといけないと思います。私自身、去年からチームメイトに対して、声かけをする事は課題でもあります。流れが良い時や雰囲気が良い時は、みんな声を出す事は出来ます。しかし辛い時や苦しいときは声が減っていき、雰囲気も悪くなる事が多いです。その時に自分がどのように盛り上げるかチームを鼓舞する事が出来るか、また周りの選手を巻き込んでチームでやること、が大切だと感じました。去年の4年生は、いつもその声をかけてくれてました。私自身が辛い時やここぞというときに声をかけて、鼓舞してくれました。今からでも、4年生から学んだことを1年生やチームに反映させていきたいと思います。会場が遠い中、いつもグランドまで足を運んでいただきありがとうございます。次節は、第4節 対尚美学園大学です。前半戦最後の試合となります。いい形で後半戦にいけるように必ず勝って終わります。引き続き十文字学園女子大学サッカー部の応援の程宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です