木島花菜「今までの悔しさ、これからに向けて」

こんにちは。

背番号42番 児童教育学科2年木島花菜です。

先日の関東リーグ入れ替え戦の大東戦をもって、今シーズンが終わりました。
たくさんの応援ありがとうございました。

今シーズンを振り返ってみて、いろいろな思いがあります。

私たちは毎日一緒にサッカーをしています。
でも試合に出れる人数は決まっています。
練習試合などでなければ、ベンチに入れる人数も決まっています。

そんな中で、今シーズン私はベンチに入り試合に出れる機会があまりありませんでした。
毎日一緒にサッカーをしていても、メンバーが発表され、自分がメンバーに入れなかったときは、毎回悔しい気持ちと情けない気持ちでいっぱいになります。
ですが、それはいままでの自分の結果だと受け止め、次は試合に出るメンバーが100%出し切れるようにサポートすることが自分のできることだと思い、切り替えてサポートしなければいけません。
関カレなどでも、他会場へ次の試合のスカウティングに行くことや、試合には出れないけど試合に出るメンバーのために、ドリンクなどの準備、ミーティングの準備、アップの準備とサポートをし、試合前の全員での円陣を終えたら、観客席に行きます。
そこからは、メンバー外の選手は観客席からの声掛けしかできません。
ですが、試合に出ている人とベンチのメンバーには、できることがたくさんあります。
ハーフタイムになり、みんながベンチに帰っていき、メンバー外の選手だけで『ここがよかったけど、ここはもっと改善できるね。』など、試合を見ている中で思ったことを話すけど、実際に試合に出ているメンバーには伝えられないです。
後半が始まる前に、円陣をするけれど、メンバー外の選手は入れないので観客席で円陣を作ることもあります。
関カレで逃げたプレーで負けた試合の時には、外から見ているだけで何もできない自分に腹が立ちました。
試合中のセットプレーやゴールのチャンスの時は、観客席から、決めてくれ!と願うしかありません。
正直なところ、遠くの試合会場に行き、試合に出れなくて、願うしかないのはとても悔しいです。
情けないです。

超一流の選手は、常に変化に気づき、変化し続ける。
二流は、何も気づかず、言われてから。
三流は、言われても何もしない。
何流ですか?
また、何流になりたいですか。
私は、監督が言ったこの言葉を思い出しました。
私は来シーズン、超一流になるために、常に自分から変化に気づき、いろんなことを変化し続けていけるようにしたいです。
そして、もっとチームに貢献出来るような、チームになくてはならないような存在になりたいです。
そのためには、根本から見直し、毎日の練習に真剣に本気で取り組むことと、人をリスペクトして、人からもリスペクトされるような人間になることが重要だと考えました。

これから、私たちは来シーズンに向けて一度オフに入ります。
超一流になるため、このオフ期間に、自分に何が足りないか、何をしなければいけないかを考え、常に変化し続ける期間にしたいです。
そして来シーズン、もっと試合に出れるよう、今シーズンより成長できるようなシーズンにしたいです。

私事になりましたが、チームメイトのことを私はとてもリスペクトしています。
だからこそ、普段から意見を言い合い、時には厳しく叱ってくれます。
間違っていることを間違いだと気づかせてくれるこの環境は私にとってとても大切な場所です。
私自身も、もっとみんなに影響を与えられるようにしたいです。

今シーズンは沢山のご声援をありがとうございました。
来シーズンこそ、1部昇格という目標を達成できるよう、この仲間たちと何があっても手を離さず闘っていきますので、変わらずご声援のほどよろしくお願い致します。
本当に、ありがとうございました。