河合英恵「結果で表す感謝」

こんにちは。

背番号25健康栄養学科3年河合英恵です。

1月25日(土)に関東リーグ入れ替え戦があり、大東文化大学と試合を行いました。

2回戦の結果は、0-1で負け、今シーズンの公式戦が終わってしまいました。

今シーズン、チーム目標である1部昇格を達成できず、様々な方々の支えを結果に残すことが出来ませんでした。

以前まで、ホームの試合では、いつも使用している場所である為、試合までの流れをスムーズに進めることができました。
アウェイの試合では、様々な変更点や雰囲気から、臨機応変に対応することができず、慌ててしまうことが多くありました。
その状態を整理できないまま試合に入り、私が目指している、どんな場所や状況でも、自分を発揮するということが出来ませんでした。

この1年間を通して、例えアウェイでも、様々な変更点に臨機応変に対応し、自分を発揮することが出来るようになったと感じています。

1年間を通して改善できたのは、試合に出る人だけでなく、同じ目標を達成する為に、チームメイト1人1人が置かれた状況で、様々な場面で走って、一生懸命考えて、準備してくれて、活躍してくれたから出来たことだと感じています。

私は1つのことを考え過ぎ、周りを見れなくなることがあります。
そんな時に、私をいつも助けてくれるのも、チームメイトです。何も言わず、スッと助けてくれます。

練習や試合でも、色んな角度で相手をロックして、相手を釣ってスペースを空ける為にランニングをして、パスを受ける為に何回も動き直してくれて、背後に相手を置いていることを声かけてくれるチームメイトがいます。

これらのことは、チーム目標に向かって、チーム全員が同じ方向を見て、戦っているから出来ることだと思います。
以前の記事であった「大きなガブ」のように、1人でできないことも、同じ目標を持って、チームメイトでやることによって、出来ている場面が山ほどあります。

これらのことから、沢山の方々に支えられてピッチに立ち、戦うことができていると心から感じています。

いつも選手を優先して、愛情を持って接して下さるスタッフの方々。
練習中に走り回ってボールを拾って、疲れた表情を一切せずに、一緒に戦ってくれるマネージャー。
自分の感情を抑えて、準備から片付けまでしてくれて、試合中に声を張り続けてくれるチームメイト。
どんな状況でも遠方まで駆けつけて、声援を送って下さる保護者の方々。

そんな支えて下さる方々が、試合で点を決めた時に喜ぶ顔。
試合に勝利し挨拶に行く時、試合後にハイタッチをする時の笑顔。
お金で買うことのできない幸せを感じる瞬間が、私はとてつもなく好きです。

そんな幸せな瞬間を多く感じられるよう、惜しいではなく、結果に残るように。記憶ではなく、記録に残るように。
そして、チーム目標を達成する為、来シーズン、このチームの最高学年として自分が出来ること、やるべきことを考えて行動に移し、チーム目標達成に貢献したいと思います。

今までの先輩方が残して下さったモノ、今シーズン目標を手離して気づいたことを忘れず、来シーズンに生かしたいと思います。

今シーズン、どんな時も変わらず暖かいご声援を有難うございました。
来シーズン、ご声援を結果として残せるよう、日々精進致しますので、応援宜しくお願い致します。