寺田妃花「約5ヶ月経った今感じている事」

こんにちは。
児童教育学科1年  寺田妃花です。

十文字学園女子大学サッカー部に入部して5ヶ月が経った今、私が感じている事について書かせて頂きます。

まず私が他に幾つもの大学がある中でここに決めた理由は、まとめた言葉で言うと「可能性」を凄く感じたからです。
その可能性とは高校3年生の時に練習会に参加させて頂いたりその際に先輩方や監督と沢山会話をし、
関カレ1部昇格” “個人の成長” “目標達成という私が大学サッカーをしていくに当たってこだわっていた事に関してです。
私はこの3つへの大きな可能性を感じ、覚悟を持って入部しました。

そして、入部して5ヶ月が経った今、もう既に沢山の事を吸収できています。
その中でも特に先輩から学び続けている事があります。
それは、
謙虚さ、捉え方、素直さ、想い、気遣いなどを含めた人間性です。

常に自分の意志を持ち、周りの意見を素直に受け止める事で成長できる。
周りへの気遣いができればプレー中の気付きも増え予測が速くなる。
今の自分に満足せず、向上心を持ち続け謙虚になる事で目標の為にひたむきに行動できる。

と私は思っています。

私はこのチームの先輩方のこのような人間性に感動し、
私もこのようになりたい!いや、ならないといけない!
と思っています。
よくサッカー=人間性という言葉を耳にします。本当にその通りですが、今の私はこの重要な所が欠けていて大きな改善点でもあります。

だからこそ自分の弱みと向き合い先輩方に学んだ事を生かして更に成長していこうと思います。

また、私の中でサッカーへの想いが一段と強くなっているように思います。
これからのサッカー人生の中で海外で戦える選手になる。という個人の目標があります。
現時点として、私はサッカーも人間性もエリートではありません。
だからこそ、目標達成の為にどこの誰よりもやるべき事が沢山あり、それを明確化させ行動に移し継続させる事が重要です。
私なりに明確化させたやるべき事が幾つかあり、その中でも次の2つは特に大切だと思い実際に取り組んでいます。

1つ目は、サッカー偏差値を上げる事です。海外に行けば日本人はフィジカルの部分で劣ってしまうので頭を使ったプレーをする必要があります。その為にトレーニング中から常に頭を使って予測でプレーし、オフの部分では、色々なサッカーの映像を観てイメージを膨らませ、また、自分のプレーとプロのプレーを比較しながらを繰り返し行っています。

2つ目は、英語の勉強です。実際に海外に行った時に絶対に英語を話せるか話せないかで大きく変わると思います。その為に毎日少しずつ英語の勉強を行っています。

このようにやるべき事を明確化させ行動し継続する事で少しずつ目標に近づいていけると思います。
これは個人の目標ですが、チームの目標も全く同じで、チームとしてやるべき事を明確化させ、その上で個人のやるべき事も明確化させる事で個人のレベルUP=チームのレベルUPに繋がり目標達成に近づいていくと思います。

そしてチームの目標である関カレ1部昇格に向けて今活動していますが、4年生はこれが最後という中で、
私はもっと自分自身に厳しく、甘えを一切無くし私がチームを引っ張って目標達成に貢献します。
口で言うのは簡単なので、1部昇格が決まる瞬間までその為の行動をしていきます。

そして必ず、今年が最後の4年生と1部昇格という結果を残します。

また、現在こうして活動できているのは沢山の方々のおかげです。
感謝の気持ちを常に持ち続けこれからも全力で取り組んでいきますので、十文字学園女子大学サッカー部の応援を宜しくお願い致します。