河合英恵「結果」

こんにちは。
健康栄養学科4年 河合英恵です。

いよいよ、関東大学女子サッカーリーグが開幕します。

まず始めに、たくさんの方々のご支援のお陰で、「1部昇格」をする為にチーム全員で毎日を積み重ねられていること、関東大学女子サッカーリーグが迎えられることに、心から感謝をしております。

さて、「誰かの為に」という言葉がありますが、私はその「誰か」が居すぎて、練習中や試合中につい熱くなってしまうことがあります。

4年生の中には、2020シーズン終了と共に、サッカー人生を終えるチームメイトがいます。
私は、そんなチームメイトに「1部昇格」をして、悔いなく、サッカー人生を終えてほしいです。

1年生、2年生、3年生には、これまで本当にたくさん助けてもらい、支えてもらいました。

3年生は、今シーズン「1部昇格」できなければ、来シーズン4年生になった時に、どんなに頑張ったとしても、インカレに出場することはできません。

だから、今シーズン必ず「1部昇格」を成し遂げて、インカレに出場する為の道を1つ作りたいです。
そして、インカレという舞台で、4年間分の想いをプレーで体現し、活躍する姿を目に焼きつけたいです。

1年生、2年生には、入学した時にあきさんと約束をした「日本一」を必ず果たしてもらいたいです。約束は破るためではなく、守るためにあります。

3年生同様、「1部昇格」できなければインカレに出場することはできず、「日本一」になれません。

直ぐに果たすことができない約束だからこそ、今の私にできることは「1部昇格」を成し遂げて、日本一になる為の過程に携わることです。

あきさんはじめ、スタッフの方々。

練習中、試合中、伝えたいことが全然伝わらず「どうしたら分かるの」と何度も何度も毎日毎日、悩ませました。

たくさんのことを考えて提案して下さったことを、何度も何度も台無しにしてきました。

伝えたいことを私がどんなに理解できなくても、何度傷つけてしまっても、信じ続け、たくさんの愛情を注いで下さいました。

いつどんな質問も馬鹿にせずに真剣に聞いて下さり、分析方法もビデオやボードで解決するまで、丁寧に教えて下さいました。

まだまだ、ここでは書ききれない程、たくさんあります。

この感謝の想いをプレーで体現し、「1部昇格」という結果で恩返しをしたいです。

私はこの4年間、誰よりも挑戦して失敗して、誰よりもチームに迷惑をかけてきました。

たくさんの方々に支えられ、挑戦、失敗した分、誰よりも成長し、今も成長し続けることができています。

選手として「暑い、苦しい、痛い、怖い」等、個人の感情は、一切関係ありません。

試合に出られない、サッカーができないチームメイトの方が、何倍も苦しい想いをしています。

練習中、試合中のパス、トラップ、ランニング、シュート、プレス、マーク管理、クリア等、1つ1つのプレーの質が、1得点、1失点に繋がり、チーム目標を達成できるのか、できないのか、118日にどのような姿でいることができるのか決まります。

個人の感情で、やらない判断をすることは、人として選手として最低です。
人の想いを踏みにじることと同じことです。

試合中もビデオを見直しても、ずっとチームメイトの声が聞こえます。

自分自身の感情を押し殺して「勝つため」「1部昇格」を達成する為に、色々なサポートをしてくれます。いつも背中を押してくれます。

だから、試合に勝って「1部昇格」を成し遂げ、皆んなの支えや想いを必ず結果に残したいです。

いつも十文字学園女子大学サッカー部をご支援、応援して下さり、ありがとうございます。

4年間の感謝の想いをプレーで体現し「1部昇格」という結果で恩返しをできるよう、チーム全員で残りの日々を精進させて頂きます。

応援の程、宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です