嶋中美帆「私が出来ること」

こんにちは。
児童教育学科3嶋中美帆です。

823日に、サタデーリーグを行い、FC町田ゼルビアレディースと対戦しました。関東大学女子サッカーリーグ前、最後の公式戦です。
結果としては、4-0に終わり、関カレに向けてプラスの結果を残すことが出来ました。

正直、最近の試合の内容は芳しいものとは言えず、課題が多く残るものが続いておりました。関カレに向けてポジティブなものを自分たちに残していくべき時期ですが、ふわっとした試合をして自分たちで得られるものが少ない状況でした。
しかし、今回の試合では、これまでずっと課題となっていた前半の入りの部分で、積極的にゴールに向かうプレーができ、勢いのある試合を作ることが出来ました。1試合を通して勢いを持ってプレスをかけたり、ゴールに迫るしかけを行ったりなど、関カレで必要となる得点を取り、勝ち点をものにしていくという目標に近づける内容になったと思います。

ですが、課題も多くあることは事実です。

私個人の話になりますが、CBとして試合に出る上で、まだまだ足りない面が多くあります。
最近の練習でも、始まる時にやるべき事を最初からやれておらず、指摘される事が多かったです。
私自身、変えよう変えようと意識して取り組んでいたつもりでしたが、上手くいかないことが重なったり、指摘される事でどんどんと悪い方向に行ってしまっていました。
また、練習の中で、チームがこう守ろう、と形で決めたものに対して反対のことをしてしまったり、チームとしてここで取り切りたいと強く行くべきところで自分だけが引いてしまったりなど、チームの意図を読まずに行動してしまうことが多く、サッカーへの理解が全然及んでいませんでした。

今回の試合でも、チームが前に前にと強く行っている中で、消極的なプレーが目立ち、チームの意図に乗れていませんでした。日頃の練習の中でも同じような現象が起きており、今回の試合でも改善できませんでした。後半では、インターセプトに出たりなど、前へのプレーが少しは出たかなとも思いますが、全然足りていないと自覚しています。前半のうちから出来ていれば、チームの流れはもっといい方向にいけていたのではないかと思います。
また、相手のFKから失点に繋がった場面もあります。記録上では失点にはなっていませんが、相手に先制点のチャンスを与えてしまいました。そしてこれもまた、私が曖昧に味方にパスを出した所から始まっています自分の判断が遅く、結果味方につけを回すパスを出してしまいました。チームの勢いを、私のひとつのプレーによって、一転して悪いものにしてしまいかねない場面でした。一重に、私の無責任さとサッカーへの理解の及ばなさの現れだと思います。

長々と私の未熟さを綴らせて頂きましたが、これは私自身の決意の表れです。
サッカーはチームスポーツです。精神論だけでなんとかなるとも思っていませんし、そんなもので試合に勝てるとは思っていません。心·技·体とよく言われますが、その全てが合わさって初めてプレーが出来ます。今後より良いプレーができるよう、CBとしてのチームの中での役割、また、CBというポジションは何を求められ、何をしていくべきなのかを今一度再確認し関カレの臨み、私が出来ることを着実にやっていきます。そして、本番の関カレで、確実に変わった姿を見せられるようにします。

私は3年生です。サッカー部の中では上級生になります。私自身にも時間はありません。そして4年生にとってはもっと時間がありません。どんなに名残惜しくとも、今シーズンが最後の年になります。そんな4年生は今、悔いのないように、また私たち後輩に少しでも上に上がって欲しいと、精一杯働きかけてくれています。普通ではありません。自分たちがかける最後の年に、これほどまで後輩に投げかけをしてくれる方々が世の中にどれだけいるか。少なくとも、私は今の4年生以上の方にお会いしたことはありません。心から凄いことだと思います。そして、私たち後輩はその思いに確実に答えなければなりません。自分たち想って働きかけてくれる4年生に、結果として返していかなければなりません。過程ではなく結果です。
残念ながら、今シーズンを通して、4年生は種々の実習等により全員が揃うことはほとんどありません。一方、私は幸いなことに、関カレの全ての試合に関わることができます。だからこそ、私が出来ること、また4年生がしてきてくれたことを最大限ピッチで表さなければなりません。4年生が私たちのために働きかけてくれるのなら、私は、4年生のために戦っていきます。

現在の大変な状況下の中、リーグ戦が出来るとこは本当に有難いことです。いかに私が恵まれた環境にいるかを改めて自覚し、そして感謝の気持ちを結果で表していきます。

日頃より、私たち十文字学園女子大学サッカー部に御支援いただく皆様、心より感謝申し上げます。皆様のおかげで私たちサッカー部として活動を行うことが出来ています。
私たちはの闘いはこれからです。チームが掲げる一部昇格に向けて、チーム一丸となって取り組んで参りますので、引き続き応援の程、宜しくお願い致します。