源間葉月「目指すべき場所」

こんにちは。

4年 児童教育学科 源間葉月です。
ポジションはMFです。

今シーズン、キャプテンを務めさせていただきます。
宜しくお願い致します。

まず私が所属している児童教育学科についてお話していきたいと思います。

児童教育学科では小学校教諭一種免許状を取得することができます。
授業は実践的なものが多いですが、やはり人の前で話しをするという事は緊張もしますし、話し方や言葉遣いなども注意しないといけないので、日々苦戦しています。
今年、教育実習があるのでそれに向け、しっかり準備していきたいと思っています。

また、卒業研究の方も頑張りたいと思います。
卒業研究は3年生の時にテーマを決め、ゼミの先生から色々な案を頂いて、地道に作り上げてきました。
まだまだ完成には程遠いのですが、納得がいくものを作れるように力を入れていきたいと思っています。

次に部活動のお話をさせていただきます。

先程、冒頭でもお伝えしましたが、今シーズンキャプテンを務めさせていただくことになりました。
大学生活最後の年にキャプテンという重要な役職につく事に対し、嬉しく思うと同時に引き締まる気持ちです。

昨シーズンは、目標にしていた1部昇格を果たすことが出来ませんでした。
個人としても不甲斐ないプレーや逃げるプレー、昨年度務めたキャプテンとしても、チームを統制する事が出来ず沢山の人を裏切る形となってしまい、弱い自分が明らかになった1年でした。

その中で、今シーズン私をキャプテンにしてくださった監督には感謝の気持ちでいっぱいです。
恩返しが出来るよう、頑張りたいと思います。

私たち最大の目標は日本一になることです。
私たち4年生は、その最大の目標を果たすことはできませんが携わる事は出来ます。

1部昇格」

この言葉を果たすことはそんな簡単な事ではないです。自分たちが想像してる以上に努力しないと成し遂げることは出来ません。
チームが目標に向かって努力していけるように、キャプテンとして示していきたいと思います。

そして私の今年の目標としては、結果を残すことです。
昨シーズンは結果に対するこだわりが足りなかったと感じています。その為、結果を残すことが出来ませんでした。
今シーズンは結果に対してもっとこだわってプレーしていきたいと思います。
また、自分自身が結果を出す事でチームにも良い方向へ繋がると思うので、そこは突き詰めていきたいと思います。

最後に、今までサッカーを続けてこれたのは私1人の力では絶対にありません。
沢山の方々のおかげでサッカーを行うことが出来ています。
特に、今まで支えてきてくれた家族には感謝してもしきれません。
サッカーの事で褒めてくれることはもちろん、時にはプレーに対して指摘してくれたりと私のために沢山のことを伝えてくれています。
家族はじめ、私を支えてくださる方々に感謝し、結果で恩返し出来るように努力していきたいと思います。

いつも十文字学園女子大学サッカー部を応援していただきありがとうございます。
今シーズンも引き続き応援宜しくお願い致します。