宮本佳奈「勝負の年」

こんにちは。

児童教育学科4年の宮本佳奈です。
ポジションはDFです。

今シーズン、副キャプテンを務めさせていただくことになりました。
今年は大学サッカーに打ち込める最後の年であり、その中でも副キャプテンというチームの大切な役職につきました。
常にチームを引っ張っていく一員であるという事に責任を持ち、人として、選手として自分を成長させたいです。

十文字学園女子大学サッカー部は日本一になるという大きな目標があります。
その過程として一部昇格をチームで掲げています。

昨年の関東大学女子サッカーリーグを通して、自分達より強い相手にチーム全員が挑戦し、勝利を勝ち取った時の喜びは何にも変えられない瞬間ということを味わいました。
その時、試合には出場していませんでしたが、あの気持ちはチームの全員が感じたと思います。

昨シーズンを通し、今シーズンは、ピッチに立てる時間を増やし、試合に出てその瞬間に関われる選手になりたいです。
また、自分の持ち味であるコーチングの質を上げ、雰囲気を作るだけでなく、DFとして全体像を伝える明確なものにしていきたいです。
そして、ロングボールやセンタリングの球種を場面に応じて使い分け、自分で判断をし続けることを個人の目標として取り組んでいきます。

昨シーズン果たせなかった一部昇格を目指し、今年のチームも全力で挑戦していきます。
そのためには、昨年の結果を一人一人がきちんと受け止め、やっていかなければいけない事がたくさんあります。
私は、八鍬監督に大きなことに挑戦している中、失敗がなく、成功だけを求めることはできないと教えていただきました。失敗を恐れず、前向きに挑戦できるよう、チームや自分自身にたくさんのことを投げかけていきたいです。

現実、4年生は一部でプレーをする事はできません。
ですが、チームを、後輩を一部というステージに連れていくことが私たち4年生ができる最大のことです。
これから過ごしていく毎日にラストという言葉がついて回ると思います。
11日どう過ごすかは自分次第です。
日々を振り返った時に後悔のない時間を過ごすことと、誇れる自分でいられるようにしていきたいです。

このように目標に向かい、全力で挑戦できる環境は当たり前ではありません。
監督を始めスタッフの方々、保護者、大学、たくさんの人のサポートの元、サッカーができています。そのような方々に恩返しができるよう結果を出し、感謝の気持ちを返したいです。

また、将来進むべき道を決める大切な年になります。
児童教育学科に所属しており、小学校教諭の免許や幼稚園教諭の免許取得のため勉強をしています。
1番大切になる4年生では、小学校への教育実習があります。
今まで学んできたことを現場で実践するとても大切な実習です。
不安も少しありますが、自分のできる事をやり、将来の力になるような実習にしたいです。

私は幼稚園教諭として子どもの成長に関わる仕事がしたいという夢があります。
この、小学校実習という教育の現場で学べることをきちん学び、自分の将来に繋げたいです。

文武両道をきちんとし、それぞれある目標に向かって頑張ります。

長くなりましたが、十文字学園女子大学サッカー部はチーム全員で目標に向かって挑戦していきます。
私たちを支えてくれている皆様、今シーズンもご支援、応援の程、宜しくお願い致します。