田中陽子「最後の1年」

こんにちは。
人間生活学部 幼児教育学科4年 田中陽子です。
ポジションはGKです。

私の所属している幼児教育学科では、保育士や幼稚園教諭を目指し、子どもから学ぶ 子どもとともに学ぶ” ということを大切にして日々専門的な知識を学んでいます。
私は保育士資格と幼稚園教諭一種免許状を取得し保育士または幼稚園教諭になるために、実習で保育者として子どもの前に立つために大切なことを学び、就職に向けて準備をしていきたいと思っています私は、高校生からサッカーを始め、高校3年間だけでは物足りなく感じ、大学でも続けようと思いました。
高校生から始めたこともあり、まわりに追いつこうとキーパー技術を高めるために必死に練習しました。
ですが私は昔から嫌なことから逃げる癖があり、キックの練習を疎かにしていました。
大学に入学し、初めはボールを味方から受けるのが嫌なくらい弱気でサッカーをしているというよりもただボールを止めることだけが好きで、ゲーム形式ではまわりに強く言われることが多く、正直ゲームが苦手でした。

大学2年生の時に八鍬監督がきてくださり、チーム体制が変わり、私のサッカーに対する考え方が180度変わりました。
私は今までフィールドとキーパーは別のものという意識が強く、どこか他人事に思っていました。パスは適当、コーチングもしなければ意図もなく、ただ打たれたシュートを止めるだけと考えていましたが、八鍬監督にキーパーにしかできない攻撃やキーパーだからこそできる役割や責任を教えていただき、サッカーの本当の楽しさと難しさを知ることができました。
チームのレベルが上がるとともに、キーパーとしての要求のレベルも高まり、私は高校時代に疎かにしていた足元の練習が、いかに重要だったか今になって痛感しています。

今回この部活ができない期間に、自分の弱みと向き合う課題を八鍬監督に出していただいた時に、まわりより経験年数が少ないという点に甘え、理由をつけて足元を徹底的に練習しておらず逃げてばっかりだった、自分と正面と向き合うことができ、今までの行動に、後悔ばかりしていましたが、今年の目標でもある弱みを強みにかえるためにも今さらではありますが、足元の練習を基礎からやり、経験年数が少ないからこそ、まわりに練習方法を聞いたりして徹底的に練習し、最後の1年、後悔のない1年にしたいと思っています。

幼児教育学科では、4年生に23週間の実習があります。また私は、去年怪我をしてしまい行けなかった実習があり、その実習に今年行かなければならないため、ただでさえ時間がない中で、今コロナウイルスの影響でチームで練習ができずやれることが限られていて、もどかしい思いではありますが、関東大学女子サッカーリーグで一部昇格するためにも11日を大切にしていきたいと思います。

最後になりましたが、私たちがサッカーできる環境は監督をはじめ、スタッフの方々や大学、応援してくださる方々、保護者のご支援や応援のおかげです。その環境に感謝の気持ちを忘れず、結果で恩返しできるよう、日々努力し続けたいと思います。

今シーズンも十文字学園女子大学サッカー部のご支援、応援の程宜しくお願い致します。