久保田七海「最後の年」

こんにちは。
人間生活学部 健康栄養学科 4年の久保田七海です。
ポジションはMFです。

私はスポーツ栄養を学び、アスリートの食事管理をしたいと思い、サッカー部がある十文字学園女子大学の健康栄養学科を選考しました。
健康栄養学科では、知識が身につくだけでなく資格取得の為に実習に行き、現場で必要なコミュニケーション能力や自己管理能力を身につけることができます。
現在は、5月に予定している中学校での教育実習で今まで身につけてきたものを発揮できるように準備を進めています。
資格取得に向け、更に身につけていかなければいけないことや、まだまだ自分に足りないものを見つけ成長していきたいと思います。

今シーズンの私の目標は仲間から求められる存在にです。

皆さんは「アベンジャーズ」をご存知ですか?
観たことがない人もいると思いますが、人類を守るため最強ヒーローたちが集結した究極のチームを「アベンジャーズ」といい、アメリカン・コミックヒーローの作品です。
その中の1人であるアイアンマンが私は好きです。アイアンマンであるトニー・スターク。彼は、決めたことは誰に何を言われようと滅多に揺らぐことのない頑固な性格ですが、友情や身の回りの信頼する人物を心から大切に思っており、彼らを守る為なら自身を犠牲にしても構わないと思っています。
危機に侵された時はアイアンマンの力が必要だと、チームのみんなが考えます。「彼がいれば不可能を可能にしてくれるかもしれない、敵に勝てるかもしれない」と仲間から求められる存在です。そしてアベンジャーズは、敵に勝つ為の入念な作戦、役割分担をし敵に挑みます。本番ではそれぞれが作戦を元に臨機応変に動き戦うことで仲間を助けたり敵を倒したりします。

私は、アイアンマンのような天才ではありませんが、困ったことがあったらなんでも相談でき、みんなが「七海に頼りたい」と思ってもらえるような仲間から求められる存在になり、チームの為に出来ること、目標や目指すべきチームからずれていたら修正できるように考え、行動に移しチームの勝利に貢献できるようになりたいと考えています。また、持ち前の明るさで辛いことがあっても下を向かない、向かせないようチームが少しでも明るくなるように盛り上げる声を出し続けていきたいと思っています。コロナの影響があり、今までのチームとは違ったスタートになってしまいましたが、部活動を再開することができたら、できなかった期間に私たちがやってきた準備が無駄にならないようにしたいと思います。
そして、ラスト1年絶対に悔いの残らない年にしたいです。
最高の仲間たちと共に、チーム目標である1部昇格を達成し、応援に来てくださってる方々と一緒に最高な笑顔で写真を撮っているシーンを想像しています。また、14年間応援してくれた家族に最後の1年間も全力で応援してもらえる様に日々努力し、1部昇格という恩返しがしたいです。皆様の応援が私たちのパワーの源になっています。パワーアップした私たちをお見せすることができるようにこれからも精進していきますので、引き続きご声援を宜しくお願い致します。

最後まで読んで頂きありがとうございました!