佐々木悠「自分との勝負」

こんにちは。

健康栄養学科3年の佐々木悠です。
ポジションはDFです。

私の今シーズンの目標は、昨シーズン達成する事が出来なかった「一部昇格」です。
私達3年生にとっては今年この目標を達成出来なければ最大のチーム目標である「日本一」にはなれないという勝負の年です。
なので何としてでも今年この目標を達成する必要があります。

私は前に放送されていた「ROOKIES」というドラマが大好きで何度も何度も見ています。
このドラマは、不良生徒達がある事件を起こして辞めてしまった大好きな野球を1人の先生との出会いをきっかけに再び活動を再開し、甲子園という目標に向かい共に成長していく物語です。
その不良生徒達に真正面からぶつかっていく中で、先生である川藤幸一がいくつもの名言を残し生徒たちが変化していきます。
私もこの名言に強く影響を受けています。

その中でも私は2つの言葉が心に残っています。
まず1つ目は「人に勝つより自分に勝て」です。
サッカーは相手がいて、その相手と勝敗を争うスポーツです。
しかし、まず自分自身の弱点、苦手な事に向き合い勝負して逃げずに勝たなければ、他人なんかには一生勝てません。
2つ目は「人間の最大の弱点は諦めることだ」です。
諦めることはとても簡単で、勇気も苦しみもなく一瞬でできます。
しかしその諦めた分得もなければ、達成感や幸福感なども味わえません。
私は今までパス練習などで走りが混じりきつくなった時に、トラップやパスを出す足、強さなどの意識すべき点が疎かになり適当になっていると思い返して感じています。
さらに、紅白戦などでAと戦うときも守ることばかり考え点を取るという事を考えていませんでした。
これらが全て諦めであり、楽な道への逃げです。

今年の私の目標は、この弱点に向き合い、常に険しい道をいき、辛い時こそ盛り上げられる選手になる事です。
辛い時こそチームメイトに声をかけ、意識すべき点を疎かにせず自分と勝負し、相手との勝負になった時には、絶対に勝つという気持ちを前面に出してプレーしたいと思います。

さらに私は、将来スポーツに携わりながら栄養指導がしたいと考えています。
学校では、栄養士、健康運動指導士、高齢者体力作り支援師、フードコーディネーターの資格を取る為に勉強、実習をしています。
学校での授業は一般人向けなので、スポーツをしている人向けの栄養学も知りたいと思い、現在学校での授業や実習と共に私は自分でスポーツ栄養学やアスリートが行っている食事法などの本を購入し少しずつですが勉強をしています。
授業や実習で学んだ栄養学の知識やコミュニケーション能力などを今後自分自身にも生かしていきパフォーマンス向上に繋げられるようもっと知識を増やしていこうと思います。

只今長期期間、コロナの影響でチームでの活動が出来ていません。
その中でも個人やグループで様々な取り組みを行い、自分自身と向き合い、色んな人と話し意見の交換等を行っています。
この貴重な時間を今後活動が再開した時に生かしあって、「一部昇格」という目標に向かいみんなで日々前進していきたいと思います。
そして日々サポートしてくださっている方々に感謝し、最後には最高の恩返しが出来るようトレーニングに励み、パフォーマンスの向上に努めていきますので引き続き、ご声援を宜しくお願い致します。

最後まで読んでくださりありがとうございました。