嶋中美帆「私たちの責任」

こんにちは。

人間生活学部児童教育学科 3年の嶋中美帆です。
ポジションはDFです。

十文字学園女子大学の児童教育学科では、小学校教諭第一種免許状を取得するため、日々専門的知識やスキルを学んでおります。
1年次から近隣の小学校へのインターンシップが行えたり、模擬授業を多く行うなど、4年間を通して実践的なスキルが身につけることが出来ます。

私は、幼い頃から近所の子供と関わることが多く、将来は小学校教諭になり、子供と共に学んだり遊んだりしたいと思い、小学校教諭を目指すようになりました。
そして、より実践的なスキルを身につけられる十文字学園女子大学の児童教育学科を専攻致しました。サッカーでは、それ以前の1年間はFC十文字VENTUSというトップチームに所属し、活動を行っていたため、私自身が大学のサッカー部で活動した期間は、昨年の約1年間だけです。

ですが、私にとって昨年の1年間は、私のサッカー人生において「1番濃かった」と言える1年間でした。

これまでにも、サッカーで得た様々な出会いや経験の中で得た、濃い記憶というものは数多くありますが、1年を通して濃いものであったと言えるのは昨年だけです。
大学サッカー部に入り八鍬監督と出会い、チームの仲間に出会い、共にリーグを闘う中で得た経験は、私にとってかけがえのないものです。

その中で私が1番に学んだことは、「良くも悪くも自分(たち)次第」というものです。

チームで問題が起きたとしても、それはチームに所属する自分たちの責任の中で起きたものであり、それを解決し改善するのも自分たちである。また、チームが試合に負けるのも、試合の中で負けるだけの理由があり、その理由を作り出しているのもピッチの中にいる私たちの責任である。

試合に出れないのも、技術が足りないのも、戦術が理解できないのも、備品を揃えるのも、試合の会場をセッティングするのも、何もかも自分たち次第で決まるものです。

当たり前の事のように思えるかもしれません。
ですが、その当たり前を私は、私たちは昨年出来ませんでした。
だからこそ、「1部昇格」という目標に達しなかったのです。

私たちにとって最大の目標は「日本一」になる事です。その通過点である「1部昇格」は必ず達成しなければならいもので、そこに達するまでに、私たちは自分たちの責任でいかなければなりません。
その当たり前の事を私たちは認識、今年度、改めて行かなければなりません。
そして私も、現状を見つめ直し、改めて私に今何が足りないのか、何を成長させ、何を改善しなければならないのか。
それを日々考え行動に移していこうと思います。

1部昇格」は簡単なものではないことは、昨年の1年間で十分に痛感しました。
その思いは2度としたくありません。
そのために今出来ることを、全力で取り組んでまいります。

日々、十文字学園女子大学サッカー部をご支援いただいている皆様、誠にありがとうございます。
今年度、私たち十文字学園女子大学サッカー部は、「1部昇格」という結果を残して皆様に恩返しをしたいと思っております。
今後とも、ご支援の程、宜しくお願い致します。

また最後となりますが、新型コロナウイルスの影響で、今年度は異例の年となり、4月現在、この緊急事態がいつ終息するかの見通しは全くたっておりません。全国で新型コロナウイルスが猛威をふるう中、大変なことは多々あるとは思いますが、皆様、くれぐれもお身体ご自愛ください。