横山みのり「チームを支える」

こんにちは
人間生活学部健康栄養学科3年の横山みのりです。
マネージャーをやっています。

この学科では、栄養の分野とスポーツの分野を同時に学ぶことができます。

私は将来、学生のスポーツに携わりたいと思っています。
そのために、栄養士の免許を取得すると共に、中学校、高等学校の保健体育の教諭一種免許状を取得するために、日々勉強中です。
座学や実験に加えて、実習もあるので決して楽なものではありませんが、将来のためにより知識を付けられる学科です。
これからも、思い描く理想に近づけるよう、成長していきたいです。

私がこの十文字学園女子サッカー部のマネージャーになるきっかけは1年生の時のある授業でした。
大学に入り、部活にも入らず、何もない毎日を過ごしていて、なにか一生懸命になれるものが欲しいと思っていたところに、サッカー部がマネージャーを募集していることを知り、やってみたいと思い入部させていただきました。
サッカーのことは何もわからず、戸惑う私をチームのみんなが優しく快く受け入れてくれました。
どんなことがあっても、失敗しても、「チームは私を必要としてくれている」と思っていました。

しかし、この部活動ができない期間に、八鍬監督から出された自分自身と向き合う課題で自分自身と向き合い、それが大きな間違いだったことに気が付きました。
サッカーは未経験だから知らなくて当然だと甘え、自分の間違いにも言い訳をつけて甘えていました。
本当に、全て甘えでした。
そして、マネージャーとして存在していることに満足し、成長をしようとしていなかったことに気がつきました。
チームを支えるという意味を履き違えていました。
八鍬監督がよく、「満足したら成長しない」とおっしゃいますが、本当にその通りの2年間でした。

私の今年の目標は「チームに必要な存在になる」です。
今でも選手は必要だと言ってくれます。
でも、そうではなくて、本当の意味でチームを支える存在になりたいと思いました。
そのためには、自分の成長が1番大きな壁であることも、この課題を通して分かることができました。
チームの温度というのがよく話に出ますが、このチームは大学リーグ1部昇格、インカレ優勝を目指すチームです。
そのチームのマネージャーとして、チームの温度を感じていたのか、そこに合わせるための努力をしていたのか、もう一度自分自身に問いかけ、このチームに必要なマネージャーになれるよう、今日より明日、明日より明後日と成長していけるような努力をします。

最後になりますが、私はこの十文字学園女子大学サッカー部のチームが大好きです。
この気持ちだけは、入部してから今まで変わったことはありません。
このチームが、最高の笑顔で今シーズンを終えられるよう、精一杯の努力をしていきます。
このチームを支えてくださっている全ての方々に感謝を忘れず、これからも11日を大切に過ごしていきたいと思います。
これからも十文字学園女子大学サッカー部のご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。