木島花菜「今日の自分」

こんにちは。
人間生活学部 児童教育学科 3年の木島花菜です。
ポジションはDFです。

私は所属している児童教育学科で、小学校教諭第一種免許状を取得するために日々勉強しています。

しかし今は、新型コロナウイルス感染症拡大を予防するために、遠隔授業(オンライン授業)になっています。

なので、実技が中心の体育や図工、音楽の授業は開講されなくなってしまっています。
それ以外の授業は、パソコンやスマートフォンを通じて、先生方が講義してくださっています。

今までに経験したことのないことがたくさんあり、戸惑いや大変な部分もありますが、このように、パソコンを通じて、授業してくださっている先生方に感謝を忘れずに、いろいろなことを吸収していければいいなと思います。

話が変わりますが、
私が理想としている自分は、自分の考えを自ら発信できる人、他の人が辛い時に助けてあげられる人です。

しかし、現在の自分は、自分の考えが合っているかわからず、人から聞かれないと発信できていません。
サッカーでは、練習や戦術理解が足りてないことで、自分の意見に自信が持てていません。

今シーズンは自らがもっと努力して、相手の話しているレベル、ベクトルに合わせて、理解することを意識していきたいと思います。

そうすることで、失敗を恐れずに、自分の意見に自信を持って、発信していけるようになると思います。
自分が辛い時でも、他の人を助けてあげられるようになるために自分を磨きます。
チームのために、人のために、自分のために行動できる人になりたいです。

私たちのチームの1番の目標である「日本一」になるための通過点、「一部昇格」という目標を達成するためにチーム全員、一人ひとりができることを考え、日々、生活していくことが大切だと思います。

新型コロナウイルスの影響でチーム全体での活動はできていませんが、この期間に少しでも自分を磨き上げ、チーム活動が再開する時に、存在価値のある選手になっていたいです。
一人ひとりが一歩づつ成長していけば、大きな力になると思います。私は、過去の自分に負けない、今日の自分が1番になれるように日々成長していきたいと思います。

いつも十文字学園女子大学サッカー部を、支えてくださっている全ての方々への感謝を忘れず、「一部昇格」という結果で恩返しができるように日々努力していきます。
今シーズンも応援よろしくお願い致します。