野路菜々恵『夢と目標の実現』

こんにちは。
人間生活学部児童教育学科 2年の野路菜々恵です。
ポジションはMFです。

私は、将来の夢が2つあります。
まず一つ目は、小学校の先生になることです。私が小学生の時に出会った3人の先生がきっかけで私も将来小学校の先生になりたいと思うようになりました。
私はこの夢を実現するために十文字学園女子大学児童教育学科に入学しました。児童教育学科では授業を通して各教科の授業の仕方を学んだり、インターンシップで実際に小学校に行って先生方と児童の様子を見て学んだりと専門的な知識を得ることができ、とても楽しく勉強しています。今年はさまざまな授業を通してより専門的な知識を身につけていきたいです。
そして、学校が再開できたら積極的にインターンシップに行き子どもたちとの関わり方を学んで行きたいと思います。

二つ目は、子どもたちにサッカーの楽しさを伝えることです。私は小学校のサッカー部の顧問であった2人の先生にサッカーの楽しさを教えていただきました。
私が小学生の時に感じた楽しさとは仲間とサッカーボールを蹴って遊ぶそのような楽しさであってのかもしれません。ですが、私はこの時にサッカーが楽しい!と思えたからこそ今まで続けてくることができました。だからこそできた経験、出会えた仲間、素敵な思い出がたくさんあります。このような経験を子どもたちに伝え、サッカーの楽しさや面白さを伝えていきたいです。
そのために、私は大学生活で真剣にサッカーに取り組み、日本一を目指すチームの一員としてサッカーを楽しみたいと思います。この楽しさは前述した楽しさとは異なるものだと思いますが、大学生という限られた時間の中でサッカーと向き合い楽しむという経験をすることが、将来の夢を実現させるための一歩につながるのではないかと思います。

今年のチーム目標は、一部昇格です。昨年達成出来なかったこの目標を達成するために全員が一丸となって突き進み、更に成長しなくてはいけません。このチームを構成する一人の選手として責任を持って目標に向かって取り組んでいきたいです。チームでの活動ができない期間が続き、厳しい戦いになると思いますが、この期間にやってきたことを無駄にしないようにやっていきたいです。

また私個人の目標は、より多くの試合に出場し、パスの精度を上げ得点に関わることです。
昨年はなかなか公式戦に出場することができず、得点に絡むことができませんでした。昨年の悔しさを忘れず、向上心を持って取り組み目標を達成できるように頑張っていきたいです。得点に絡むためには試合中もっともっとボールに関わり、パスやセンタリングの精度を上げる必要があるので、基礎練習などを行い、成長していきたいです。

最後になりましたが、いつも十文字学園女子大学サッカー部へのご声援ありがとうございます。支えてくださる両親や監督をはじめスタッフの方々、応援してくださるみなさまに感謝の気持ちを忘れず頑張っていきますので今シーズンも引き続き応援の程宜しくお願い致します。