三上舞佳「新しい環境での挑戦」

こんにちは。
人間生活学部食物栄養学科1年三上舞佳です。
ポジションはMFで、サイドハーフをやっています。

私は、栄養について興味があり、管理栄養士の国家試験受験資格を取得できるだけでなく、他にも様々な資格を取ることができて、さらにサッカーをすることが出来る大学ということで、十文字学園女子大学に進学することを決めました。

私は、小学校から高校まで北海道でサッカーを続けてきました。
高校生の時は、1年生から全国大会をたくさん経験させてもらって、高いレベルを身をもって感じてきました。
しかし、周りに対して自分の意見を言えなかったり、辛いことから逃げたりと、精神面も弱く、技術面も低く、試合に出れなくて、悔しい思いもたくさんしてきました。高校でこの経験があったからこそ、今の自分があると思っています。
大学では、自分の弱さに打ち勝ち、人としても選手としても大きく成長したいと考えています。

私の今シーズンの目標は『失敗を恐れず挑戦する』です。
私は、プレーが上手くいかないと、いつも消極的になり、挑戦することをやめてしまい、どんどん自分で落ちていきます。だから、今シーズンはどんなに上手くいかなくても、どうすれば上手くいくのかを考え、積極的に挑戦し続けて、できることを増やしていきたいです。
さらに、1試合でも多く試合に出て、チームのためにハードワークをしたり、私の強みでもある、背後を狙った攻撃をして、得点に絡んでいきたいです。そして、チームの目標でもある『 1部昇格』を達成するために、貢献していきたいです。
新型コロナウイルスの影響で私は今、地元でオンライン授業をして、1人で自主練を毎日行っています。
こういう状況だからこそ、いつもは疎かにしがちな基礎練習を集中して出来たり、持久力をつけることなどに時間を費やせると思います。この時期でどのような取り組みができるかで大きく差が生まれると思います。そして、この時期を乗り越えた時に大きく成長できたり、トレーニングが再開した際に、サッカーをできる幸せを強く感じられると思います。
できるだけ早く全員でトレーニングを再開できることを願って、頑張っていきます!

最後になりますが、日々サポートをしてくださる監督を始めとするスタッフの方々、保護者、大学関係者の皆様のおかげでサッカーが出来ていることを感謝して、これからもトレーニングに励んでいきます。
1部昇格という結果を残し、恩返しできるように頑張っていきます。
これからも十文字学園女子大学女子サッカー部の応援よろしくお願いします。