黒澤琴音「新しいスタート」


こんにちは。

教育人文学部心理学科1年の黒澤琴音です。
ポジションはMFです。

私が心理学科を志望した理由について話します。
まず、皆さんは心理学とはどのような学問か知っていますか。
大体の方が思う心理学とは人の心が読める・人の行動が分かるなどと思っていませんか。
私も最初はそう思っていました。
ですが、心理学について調べてみると全く違っていました。
心理学とは、心と行動の結びつきについて学ぶ学問です。もう少し詳しく説明すると、何故人はそのような気持ちになるのか、何故人はそのような行動をとるのかなどをデータにして分析したり、客観的に証明することです。また、心理学は様々な分野に分かれています。例えば、社会心理学(社会の中での人間関係に関わる心理を明らかにする)・臨床心理学(心の問題を抱える人への支援や治療法などを研究する)・発達心理学(人が生まれてから死ぬまでの心の発達を明らかにする)など、その他にも様々な分野に分かれています。

私は、心理学には様々な分野があるということを知り、多くの知識や能力を得ることができ、将来幅広い分野で活躍することが出来るのだと思いました。
また、心理学を学ぶことで人のことをより深く理解することができ、人の心に寄り添える人間になれるのではないかと思いました。この2つの理由から十文字学園女子大学の心理学科を志望しました。

次に、サッカーでの今シーズンの目標について話します。
まず、チーム目標は「一部昇格」です。
日本一という大きな目標のために一部昇格は第一段階であり、今年こそは必ず達成しなければいけない目標です。昨年と同じ失敗を繰り返さないために私たち新一年生もチームの一員であるという自覚と責任を持ち、チームが一丸となる為に自分がしなければいけないことを考え率先して行動し、チーム全員で全力で目標に向かって突き進んで行きたいです。

また、個人の目標は「チームに必要とされる選手になる」ことです。
私は高校2年生の時に怪我をし、去年の冬に手術をして、今は復帰に向かってトレーニングを行なっています。スタートがとても遅れているので、不安な気持ちでいっぱいですが、早くピッチの上でサッカーをしたいです。その為には体力や筋力を付けることなどやることが沢山あるので、日々継続してトレーニングを行いたいと思います。まだ足りない部分は多く、慣れないことも多いですがチームの雰囲気やサッカーに慣れ、サッカー面だけでなく様々な所でチームに貢献し必要とされる選手になります。

最後に、今新型コロナウイルスの影響で外出が自粛されています。だんだん回復傾向にありますが、まだまだ不安なことが多くあると思います。私たちがサッカーが出来ること、勉強が出来ることなど今ある生活が当たり前と思わずに、私たちを支えてくれる様々な人への感謝や敬意を持って日々過ごして行きたいと思います。

また、これからも十文字学園女子大学サッカー部の応援宜しくお願い致します。