南里杏「サッカーの原点とこれからの自分」

今年から十文字学園女子大学サッカー部の一員となりました。
人間生活学部健康栄養学科 1年南里杏です。
ポジションはMFです。

私が所属している、十文字学園女子大学の健康栄養学科では、「健康運動領域」、「健康支援領域」、「教育領域」、これら3つの領域から、そそれぞれの目標に合わせた専門知識と技術を学ぶ事ができます。
また、取得可能な資格は栄養士をはじめ、中高保健体育教諭、健康運動指導士、高齢者体力つくり支援士など様々な資格を同時取得することができます。
私はこの4年間で、栄養士と中高保健体育教諭の資格を取得することを目標に、毎日の勉学に取り組んでいこうと思っています。

さて、初めての記事ということで自己紹介をさせて頂きます。
私は幼稚園の頃は、鉄棒やジャングルジム、ヒーローごっこなど毎日男の子と一緒に遊ぶことの方が多かったです。女の子と一緒におままごとをしていても、外に行って遊びたくてウズウズしているような子供でした。
小学校に進学してもそれは変わらず、女の子よりも男の子の友達の方が多く、サッカーしたり、ドッヂボールしたりと毎日外で遊んでいました。
そんな中、サッカーを本格的に始めたのは小学6年生です。
地域のサッカー少年団のコーチの方からは、小学1年生の頃からチームに入団しないかと誘われていたのですが、その頃はチーム内に女の子がいなく、断り続けていました。中学年では今更入っても遅いよな。という思いがあり入団せずにいました。
しかし小学5年生の時に、近くの小学校とサッカー大会を行うという行事がありました。なので私は、そのサッカー大会の練習の為に、小学1年生の頃から誘われていたサッカー少年団の練習に参加しました。
そして気付けば、サッカーに夢中になっていました。もっとサッカーがしたいと強く思ったことから、入団を決めました。この少年団が私のサッカー人生の原点です。
そして、中学生では1FC川越水上公園メニーナに所属し、高校では親元を離れ、新潟県の帝京長岡高校でサッカーをしてきました。

帝京長岡高校では日本一だけを掲げ、毎日トレーニングや、遠征を重ねてきました。
しかし、高校2年生の冬の選手権では全国大会初出場でベスト8。高校3年生の最後の選手権ではベスト16という結果で終わってしまい、日本一の目標には届きませんでした。何度も何度も悔しい思いをした3年間でした。
だからこそ、これから始まる十文字学園女子大学での4年間では必ず日本一を取りたいです。
決して簡単な事ではないし、すぐに取れるものでもありません。
ですが、私は自分の本気の4年間を監督に預け、共に日本一を取ると決め、十文字学園女子大学に入学しました。

「誰かの為というのが理由で頑張る程お前達は偉くない。だから、今は自分達の為でいいから死ぬ気でやれ。」

この言葉は、帝京長岡の監督から頂いた言葉です。
確かに私は偉くありません。しかし、私の中で、自分を必要として下さった監督。送り出してくれた指導者の方々。応援して下さっている方々の期待に応えたい。だから、頑張りたいという気持ちがあります。
私の原動力にもなっている気持ちです。
自分の為でもありますが、そういった方々の為にも、日本一を目指して4年間、本気で頑張りたいです。

そして私は、この十文字学園女子大学サッカー部の中で「唯一無二」の存在になります。
唯一無二とは、ただ1人しかおらず、この人の代わりになれる者はいない。ということです。

そんな選手になります。

誰にも出来ないプレーが出来ることだけが「唯一無二」の選手ではありません。
誰でも出来るプレーだが、質が全く違う。回数が違う。など私なりの形で「唯一無二」という選手を作り上げていきます。
自分がチームを強くしていく。
自分が勝利に貢献する。
そんな強い気持ちを持って、これから起きる全てのことに真正面から向き合っていきます。


新型コロナウイルスの影響で思いっきりサッカー出来ない日々が続いていますが、今はしぶとく根を張る時期だと思います。

一人ひとりがやれる事を徹底し、また全員でサッカーが出来るようになった時、高め合えるように良い準備をしましょう。

日々応援、サポートして下さっている方々へ「結果」という形で感謝の気持ちをお伝えします。
今後とも十文字学園女子大学サッカー部のご支援の程、宜しくお願い致します。