「2020シーズンチーム目標」

今回は、2020シーズンチーム目標についての記事になります。

私たち十文字学園女子大学サッカー部の最大の目標は日本一になる事です。
日本一になるためにはまず今シーズン一部昇格を成し遂げなければなりません。
また一部昇格をすると口でいうだけでは、具体的なものがなくチームとして方向性が明確ではありません。
そのような適当な状況では絶対に一部昇格は成し遂げる事はできないです。

そして、一部昇格をする為にチームとしての方向性を定めるチーム目標を決めました。

2020シーズンのチーム目標は、「確立する主役は自分だ」になります。

「確立」という言葉は物事の基礎・方針を決めること。不動のものとして定めること。 
このような意味があります。
決めたことを1年間やり通す為にこの言葉を選びました。

今シーズン一部昇格する為に決めた個人目標や自分像が個々で様々あります。
それらを貫き通す一年であり、自分で決めたものを11人が達成する為に努力することでチームに大きな影響を与える事ができると感じます。


そして、
11人が主役になることを意識することで、お互いにリスペクトできる関係をつくりあげるという意味で「主役は自分だ」という言葉を加えました。

「主役は自分だ」という言葉は、最前線でチームをまとめたり見える所でチームのために努力している選手だけだと思われがちです。
ですが、私たちのチーム目標では、そのような意味だけではないです。
見えない所でチームのために行動したり努力したりする選手でさえも主役になるという意味も込めました。

影で努力している人がいるからこそ最前線で輝ける選手がいるということをチーム全員が忘れてはいけません。


今回このような深刻な状況は続くなかではありますが、チーム目標を決めたことでチームの方向性が明確になったと思います。

ただ、決めて満足しては意味がありません。
決めたことを全員が意識してトレーニングを行なっていきたいと思います。

いつも十文字学園女子大学サッカー部をご支援、応援していただきありがとうございます。
大変な時期が続きますが、みんなで乗り越えていきましょう。

結果という形で恩返し出来るように頑張りますので、引き続き応援宜しくお願い致します。

来週は学年目標についての記事になります。
各学年、今シーズンにかける想いが書かれていますので、ぜひご覧下さい!