「1年生自己紹介 清水美紅・関谷沙良」

こんにちは
初めまして。
健康栄養学科の清水美紅です。ポジションはGKです。

突然ですが、2011年7月17日はなんの日か知っていますか?それは、サッカー女子W杯で、女子日本代表「なでしこジャパン」が初優勝を成し遂げた日です!あの頃小学生だった私は、最後まで諦めないなでしこの選手達を観てとても感動し、勇気をもらいました。自分もこんな風に、将来多くの人に勇気や感動を与えられるサッカー選手になりたいと思うようになりました。

そこで、スポーツ選手が第一線で活躍するには、徹底した身体の自己管理が必要不可欠で、身体の状態がパフォーマンスに直結すると考えます。そのため、十文字学園女子大学の健康栄養学科で、運動や食事について幅広く学び、その知識を自分自身の身体づくりに生かしていきたいと思います。

また、セカンドキャリアでは子供から高齢者、初心者からトップアスリートまで全ての人々の健康づくりを支援できる人になりたいと考えています。そのために日々勉学に励んでいこうと思います。

部活動では、高校生活最後の1年間コロナの影響で思うような活動ができず、悔しい思いもたくさんしてきました。その気持ちを、このチームでの活動でぶつけたいと思います。少しでも早くチームに必要とされるような選手になれるよう、自分が今持っているものを全て出し切り、自分自身はもちろんチームのレベルアップにも繋げていけるようにしていきます。

また、このような恵まれた環境でサッカーが出来る事を当たり前だと思わず感謝し、プレーしていきたいです。

こんにちは
はじめまして。
健康栄養学科の関谷沙良です。
ポジションはMFです。

私は、小学1年生からサッカーをやってきました。高校では3年間寮生活で色々な事を学ぶと共に、自分の進路や将来を考えていくうえで自分が今まで経験してきたことを将来に活かせないかと考えるようになりました。そして、寮で出される食事などから、身体づくりの大切さを感じ、同じスポーツ選手をプレー面だけでなく食事や身体の面からもサポートできる人になりたいと強く思うようになりました。

健康栄養学科では栄養士の資格をとることができるので、この大学で自分の将来の夢の実現に向けて頑張りたいと思います。

私にはこの大学で将来の夢の実現と、サッカー部で日本一をとるというもう一つの目標があります。高校3年間では悔しい思いを沢山してきました。まずは一部昇格に向け、チームに貢献できるよう頑張っていきたいです。大学生活4年間、サッカーを続けられるというチャンスを得ることができたので、結果を残せる4年間にしていきたいです。そのために、私は『失敗を恐れず全力でプレーする』という目標を立て、自分にとって新しい環境で更に格上の相手と沢山戦う機会があると思いますが、その中でも恐れず、自分のプレーを全力でやっていきたいです。これは、私の課題でもある『弱い自分に打ち勝つ』という意味でもあります。自信のないプレーだったり、消極的になってしまう弱い自分に打ち勝ち、日本一を目指すための強い選手になっていきます。

最後になりましたが、どんな時も自分1人でサッカーができているのではなく、家族や仲間、指導者など沢山の方々に支えられてサッカーができているということに感謝し、日々のトレーニングに励んでいきます。

これからも十文字学園女子大学サッカー部の応援をよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です