「1年生自己紹介 鈴木麻生・川本汐音・内藤彩水」

こんにちは。
はじめまして。
幼児教育学科の鈴木麻生です。
ポジションはDFです。

私は将来、子どもと関わる事が出来る仕事に就きたいと思い、大学4年間で保育士と幼稚園教諭の2つの資格を取得する事ができる幼児教育学科に決めました。

十文字学園女子大学の幼児教育学科では1年次から実習があります。その為、座学では学べない、現場でしか体験出来ないことを沢山経験出来るという所に魅力を感じました。座学でも専門的な知識や技術をしっかりと身に付けていく中で、グループワークなどを重視している事から、自分で感じた事を仲間に共有できる発言力だったり、協調性なども高める事が出来ると思いました。自分の将来の夢の為に、毎日勉学に励んでいきたいと思います。

また、サッカーにも全力で取り組みます。

これから始まる大学の4年間、素晴らしい環境、監督、コーチ、仲間とサッカーができる事、その環境が決して当たり前では無い事への感謝の気持ちを忘れずにプレーし、日々の練習から仲間同士で高め合い、まずは 「1部昇格」 を目指していきます。そして、「日本一」 のチームになります。

大学サッカーで戦い抜く為には今まで以上にフィジカルを高め、メンテナンスだったり、生活リズムや体調管理など、オフの面もとても大切になってくると思います。なので、フィジカル・メディカルトレーナーさんや栄養サポート、他にも応援・支援してくださる方々の力をお借りし、結果で恩返ししていけるよう、頑張っていきますので、これからも十文字学園女子大学サッカー部の応援を宜しくお願い致します。

こんにちは
初めまして。
健康栄養学科の川本汐音です。
ポジションはDFです。

私は小中高とサッカー活動を通して、食と運動に興味を持つようになり、将来は食と運動に関わる仕事に就きたいと考えています。

この分野の仕事に就く上で、栄養士の資格は必要不可欠のため、生命や健康、食品に関する基礎的知識や、運動のための食事や栄養について健康栄養学科で深く学ぶ必要があります。なので、サッカーだけでなく学業面にも積極的に力を注いで資格を取得し、計画的に就職に向けた準備を積み重ねていけるように頑張りたいと思います。

また、私は小学6年生の時に立ち上がったFC十文字ベントスJr.ユースに中学3年生まで所属しており、十文字学園女子大学のグラウンドで毎日練習をしていました。沢山成長することが出来た4年間を過ごした場所で、またサッカーをしたいと思い、更に先輩方が練習に本気で取り組む姿勢を見て、ここでなら真剣にサッカーに打ち込めると思い入部を決めました。

私はサッカー面で、現段階での1番のウィークポイントは、焦ってミスをしてしまう事だと思います。大学では、このような自分のウィークポイントを改善できるよう、ミスを恐れずに積極的にチャレンジし、自分のプレーに自信を持てるようにしたいです。また、自分の長所である体を張ったプレーで周りを活気づけ、チームの目標である「1部昇格」その先の目標の「日本一」に貢献できるように日々励んでいきます。

最後に、支えてくださる方々への感謝を忘れずに、結果という形で恩返し出来るよう、精一杯頑張ります。

これからも十文字学園女子大学女子サッカー部への応援の程、宜しくお願い致します。

こんにちは。
はじめまして。
心理学科の内藤彩水です。
ポジションはMFです。

私は将来、養護教諭になれるよう勉強面にも力を入れていきたいと思っています。十文字学園女子大学の心理学科では心理的なことはもちろん、学校保健や公衆衛生学などの専門科目、応急処置や看護学など命を守る授業を受けることが出来ます。その為、私の理想とする”体だけでなく心もケアできる養護教諭”に近づけると思うので日々の授業や、課題、テストなどを大切にし、自分が人に教えられるくらいまで理解することを目標に勉強に励んでいきたいと思います。

また、私はチーム目標である「1部昇格」のために自分の短所を少しずつ直し、自分の長所にしていきたいです。特に高校時代は利き足の練習しかしていなかったので、大学では両足蹴れるよう、常に試合を想定しながら練習していきます。

また、サッカーを楽しむことを忘れずにプレーしたいと思います。それを忘れてしまったら、サッカーを続けることが苦になり、プレーに波が生じたり、上手くいかなくなったりと周りの人に迷惑をかけてしまうと思うので、苦手なことは沢山ありますが辛い時こそ弱音を吐かず日々成長し自分と向き合っていきます。

そして、常に十文字学園女子大学サッカー部に所属しているという自覚を持ち、支えてくれる家族や友人、監督やスタッフの方々にプレーで感謝の気持ちを伝えていけるよう努力していきます。これからも応援の程、宜しくお願い致します。