「1年生自己紹介 松野尾沙也・酒匂桃佳」

こんにちは。初めまして。幼児教育学科の松野尾沙也です。ポジションはFWです。

私は、幼児教育学科で保育士資格を取得しようと考えています。保育士になろうと思ったきっかけは、妹の習い事を待っている間に他の子の妹や弟と遊ぶ機会があり、小さい子と遊んでいる内に可愛いなと思い、将来もこのように子供と関わった仕事に就きたいと思ったからです。保育士資格を取得する為に、今まであまりやってこなかった勉強に力を入れて、毎日の授業をしっかり聞き、課題はその日のうちに取り組むことを徹底して頑張りたいと思います。
サッカー面で、十文字学園女子大学サッカー部に入部を決めた理由は、将来保育士になりたいという夢があり、大学を決めるに当たり、保育士資格が取得でき、サッカーを続けられるという事が条件にあったからです。その中で最初に練習参加したのが十文字学園女子大学で、その際にサッカーを楽しむ事、質の高い練習から多くを学ぶ事ができ、ここでサッカーをすれば、様々な面で成長できるなと感じました。

そして現在、チームに合流をしている中で、高校時代とは違い、常に頭を使って動かなければいけないので、私のウィークポイントは頭を使ったプレーや行動だと改めて感じさせられています。チーム目標である”一部昇格”に貢献できるよう、まずはウィークポイントである頭を使ったプレーや行動、またコーチングから積極的に取り組み、チームに必要な存在となって自分にしかできないプレーを発揮できるよう日々成長していきます。
このような状況下でサッカーができることは当たり前では無く、いつも応援、サポートして下さっている方々のお陰です。この感謝の気持ちを結果で恩返しできるように全力で励んで参ります。
これからも十文字学園女子大学サッカー部の応援の程、宜しくお願い致します。

こんにちは初めまして。幼児教育学科の酒匂桃佳です。ポジションはDFです。

私は将来、幼稚園教諭になることが夢です。私が幼稚園生の頃、幼稚園に行くのが嫌で毎日泣いて通っていた私に、先生方は笑顔で迎えてくれていたのを覚えています。そんな先生方のおかげで、私は幼稚園に通うのが段々楽しくなり、こんな先生になりたい!と思うようになりました。そして、自分自身が成長していくにつれ、子どものことがもっと好きになり、幼稚園教諭になりたいと言う気持ちが更に強くなりました。大学では、子どもの福祉も学ぶことができるので、子どもに関係することに視野を広げていき、大人にはない子どもならではの考えを沢山持っている子ども達と考えを共有しながら、共に自分も成長できる幼稚園教諭を目指します。

サッカー面での目標は、声を最後まで出し続けてチームを盛り上げ、チームにとって必要不可欠な選手になること、チームのために動ける選手になることです。高校3年生の最後の選手権予選では不戦敗という負け方をし、後悔が沢山残る終わり方になりました。とても悔しかったですが、そんな時に支えてくれたのは共に同じ辛さを経験してきた仲間達でした。大学でも心の底から信頼できる仲間との関係を築くために、それぞれの想いや考えを共有し、時には互いに厳しいことを言い合うなど、ぶつかる事も大切だと思います。だから、自分自身や仲間としっかり向き合い、1日1日を大切にして、4年間で色々な面で成長したいと思います。
今、この状況でサッカーができることが当たり前ではないということに改めて感謝をしながら、一生懸命頑張りたいと思います。
これからも十文字学園女子大学サッカー部の応援の程、宜しくお願い致します。