「関カレ 後期 第4節 vs東海大学」

こんにちは!

最近、家にいることが多く、愛犬2匹と昼寝をすることが日課になりました4年の石井有紗です🐕

10月3日(日)に関東大学女子サッカーリーグ2部 後期 第4節 東海大学戦が行われました。

結果は4-1(3-0.1-1)と勝利を収めることができました。

後半戦に入り、厳しい戦いが続くからこそ、覚悟を決めて必ず勝利し、勝ち点3を獲得しなければならない試合でした。

勝ち点3を取ることはできましたが、試合までの練習への取り組む姿勢、試合の入り方など試合内容は決して満足できるものではありませんでした。

突然ですが、リカオンという動物はご存知でしょうか。

リカオンは、アフリカに生息してる大型犬くらいの大きさで肉食動物の中で一番狩りが上手です。そして、群れの存続を最優先にして行動をしている動物です。

ライオンなどと比べて小柄なリカオンがなぜ狩りが上手なのか。

それは、この動物は、群れで狩りに行く際に仲間同士でやる気を高め合ったり、団結力を高めるためにコミュニケーションとして毛づくろいをしたり、怪我している仲間を助けることもしています。

群れの秩序の乱れは、命の危険になってしまうため日頃からコミュニケーションを取っています。

狩りでは、役割分担をし、チームワークで獲物を追うため、狩りの成功率が高くなっているのです。

それをチームや個人に置き換えてみます。

プレーの中で合わなかった時にコミュニケーションを取っているか、合わせるためにコミュニケーションを取っているか。

守備の取り所を共有するために的確なコーチングをしているか。

1stDFの次の2ndDFが狙っているか。

チャレンジ&カバーができているのか。

練習から高め合っているのか。瀬戸際になった時に逃げていないか。

チーム、仲間のために何をしているのか。何をすべきなのか。

日頃の練習からできていないことは、試合になって急にできるはずありません。

1人でもチームにそぐわない行動をすれば、乱れとなり、失点や敗戦に繋がる原因になります。

私自身、練習や試合を通して1対1の強度、パスの質、コーチングの質、上記に書いたことを含め、全然足りないと痛感しました。

また、ディフェンスの選手として無失点で試合を終えなければならないのに1失点の結果を残してしまいました。本当に悔しかったです。しかし、失点をしたということは甘さがあったから結果に表れてしまったので、この結果に向き合い、緩さや甘さを出さない徹底した守備をしていきます。

そして、常に最大限の力を出して全力で練習に取り組み、必ず一部昇格します!

最後になりますが、このように試合を行うことができているのは、大会運営者の方々や日頃からサポートして下さっている学校関係者、家族、スタッフの方々、十文字学園女子大学サッカー部に携わる多くの方々のおかげです。感謝の気持ちを忘れずに取り組んでいきます。

今後とも十文字学園女子大学サッカー部のご支援の程宜しくお願い致します。