「関カレ 後期第8節 vs国士舘大学」

こんにちは。十文字学園女子大学サッカー部4年 主将 背番号34の嶋中美帆です。

10/31(日)に、関東大学女子サッカーリーグ2部 後期第8節 十文字学園女子大学vs国士舘大学の試合を行いました。

結果は2-1 勝利です。

そして、この試合の勝利を持って、第35回関東大学女子サッカーリーグ2部の優勝が決まりました!!悲願の優勝です!毎年掲げていた「1部昇格」の切符を掴み取る事が出来ました!

私が十文字学園女子大学サッカー部に所属してから今まで、これ程嬉しかったことはありません!試合終了の笛がなった瞬間、心の底から「よっしゃぁぁあ!!」と叫んだ程です。笑

そして、2部優勝を決めた今だからこそ、私自身感じる物が多くあります。

まず、私の力で成し遂げたものでは無いということです。

これは決して自分自身を卑下しているわけでも何でもなく、多くの人に支えられ無ければ得られなかったものだなと、心からそう思いました。

十文字学園女子大学サッカー部に所属する選手・マネージャー、あきさんを初め、毎日の練習から指導して下さるスタッフの方々、日頃より十文字学園女子大学サッカー部に御支援頂いている大学関係者の皆様、選手の保護者の方々、そして、卒業していった先輩達。

ここに記した方々の、誰一人として欠かす事の出来ない存在です。

特に今年度は、コロナ禍且つ前後期戦に分かれて開催されるということで、通年で試合が行われました。様々な方の協力無くしては、今回味わった優勝の喜びは得られなかったと思います。

またこの1年を通して、正直落ちに落ちた時は沢山あります。自分のプレーに迷い、キャプテンとしての自分に迷い、悩んだ時も沢山あります。何度奥歯をかみ締めたか分かりません。何度拳を強く握ったか分かりません。何度泣いたか分かりません。

でもそんな時に私を支えてくれたのは、やはりスタッフの方々であり、チームの皆でした。本当に、皆がいないと私はダメだなと思います。毎日練習をしていると、自分が気づかない細かな部分をすっと助けてくれたり、アドバイスをくれたりなど、実はいっぱい助けられてます。笑

ちなみに、こういう話をすると、美帆だからやるんだよ、と皆が言ってくれます。そういう所も、いいチームだなと本当に思います。そんなチームのキャプテンでいることに誇りを持ちます。

しかし、手放しで喜べる状況でない事も確かです。

1年を通して挙げられる反省や改善点は数え切れないほどあります。何度も言うように、私達の実力でここまで上り詰めたわけじゃないです。努力して努力して努力を繰り返して、色々な人に支えられて、やっとここまで来ただけです。だからこそ、今回の結果に満足しているようでは、決して1部昇格は果たせません。

私達は1部昇格を果たしていません。ただ、切符を手に入れました。それだけです。

ここがゴールじゃない。今やっとスタートラインに立ったのです。ここからが勝負。必ず1部昇格を果たします!

関東大学女子サッカーリーグは残り2節あります。そして入れ替え戦も控えています。

全て勝利するため、チーム全員で挑み勝ち切ります!

引き続き、私達十文字学園女子大学サッカー部への御支援の程、宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です