「関東大学女子サッカーリーグ 入れ替え戦 vs慶應義塾大学」Part2

「関東大学女子サッカーリーグ入れ替え戦vs慶應義塾大学 」

《4年生Part2》

十文字学園女子大学サッカー部4年、日迫穂です。

最終目標を達成する為の1歩である「一部昇格」。

この目標を目指し、この4年間取り組み、ついにこの時が来ました。

最後のホイッスルが鳴った時、嬉しさと同時に悔しさもありました。

一年を振り返って、辛いこと・上手くいかないこと・嬉しいこと、様々な出来事がありました。最上学年として、不足している所は沢山ありましたが、後輩や同期に助けられました。この仲間だったからこそ、乗り越えられ、一部昇格という結果を得られたと思います。そして、最後の年に一部昇格という結果を残すことができ、今まで支えてくださった方々、これまで積上げてくださった先輩方に結果という形で恩返しすることができた事が何より嬉しかったです。

一方、試合に出場できなかった悔しさもありました。もう私たちには関カレはありません。この悔しさを次の関カレに生かす事はできませんが、これまで頑張ってきたこと、悔しかった事を忘れず、次のステージで活かしていきたいと思います。

そして、残り2試合の都リーグをやり切り、悔いなく終われるよう残りわずかですが、仲間と日々の練習に取り組んでいきます。

最後になりますが、いつも応援して下さりありがとうございます。

引き続き、十文字学園女子大学サッカー部の応援を宜しくお願い致します。

川崎涼風です。

12月5日(日)に行われた入れ替え戦に1-0で勝利し、目標としていた一部昇格を果たす事ができました。

会場に足を運び、応援してくださった皆様、ライブ配信をご視聴下さった皆様、日頃から十文字学園女子大学サッカー部を応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

今年の1年は私にとって辛い1年でもありました。昨年までは、先輩がいるという事に甘えていただけではなく、技術がみんなよりもないという事を分かっていたのにも関わらず、その事に向き合ってきませんでした。その後悔が私を辛い1年にしました。辛い1年にした、辛い1年を選んだのは自分の責任だと思っていました。だからこそ、この責任を形として残そうと心に決め、自分の体がボロボロになるまで走り続けました。ホイッスルが鳴り勝利が決まった瞬間、力はパーっと抜けたことを覚えています。それと同時に止まらないほど自然と涙が溢れてきました。今までこの様な涙を流した事があっただろうかと自分に問いかけた時、初めての経験だったなと思いました。そのくらいこの試合にかけていました。

私はサッカーする事ができる環境に恵まれていました。それだけではなく、自分がどんな状況であろうと信じ続けてくれた監督、スタッフのみなさん、そして最高のメンバーが私の周りにはいました。私の中にあった「辛い」という漢字に一角足し、「幸せ」という漢字にしてくれたのは、間違いなくこのメンバーでした。この試合を通して今まで辛いと感じていた自分が本当に馬鹿だったなと感じました。このメンバーでサッカーができていること、同じ目標に向かって必死に取り組んでいる事がこんなにも幸せなんだなと痛感しました。

これからも十文字学園女子大学サッカー部は日本一という目標に向かって走り続けます。

今後も十文字学園女子大学サッカー部のご支援を宜しくお願い致します。

木島花菜です。

12月5日(日)に関東大学女子サッカーリーグ入れ替え戦で、慶應義塾大学に勝利し、私たちの今年の目標であった一部昇格を果たす事ができました。

これまで、十文字学園女子大学サッカー部を応援し続けてくださった皆様に感謝しています。本当にありがとうございます。

今までの4年間、一部昇格を目指し沢山の練習を積み重ね、やっと掴む事ができました。ここまでくるのは決して簡単ではなく、今までの先輩方や、日々応援してくださる方々、監督・スタッフの皆さん、とても大切な仲間がいたから達成する事ができたと思います。

試合が終わった今、自分が出られなかった悔しさもありますが、それ以上にこのチームで、監督、スタッフ、チームメイトと共に一部昇格を果たす事ができたことが最高に嬉しいです。そして、私の人生の中で最高の出来事だと思います。

ただ、私たちの目標は、一部昇格だけではありません。最大の目標は「日本一」です。2021年の関東大学女子サッカーリーグが終わった今、ここから次の目標へと向かっていきます。

また、あと2試合残っている東京都リーグをしっかりと勝利して、応援してくださっている方々に良い報告ができる様に、残り少ない時間ですが、前に向かって進んでいきます。

改めて、いつも応援して頂きありがとうございます。日本一の目標を目指し、全力で取り組んでいきますので、これからも十文字学園女子大学サッカー部の応援をよろしくお願い致し ます。