「2021年シーズンから2022シーズンへ〜新2年生〜」

2021年シーズンの振り返りと2022年シーズンへの意気込みを書いてもらいました。今回は新2年生2人の記事です。

こんにちは!今年こそ髪の毛を伸ばそうと思っている、新2年 佐藤萌里です。今年も宜しくお願い致します。
まず初めに、2021年シーズン沢山の応援、サポートをしてくださりありがとうございました。皆様の応援のおかげで関東大学女子サッカーリーグ一部に昇格する事ができました。
私は、関東大学女子サッカーリーグの全ての試合に出場をしました。その中で、サイドハーフとしての縦突破や、積極的にゴールに向かうプレー、得点に絡むプレーをする事ができました。しかし、それ以上に思い通りにプレーできない事の方が多かったです。上手くいかない時、ミスを恐れて消極的なプレーになってしまい、自分の良さを出す事ができていませんでした。それでも私を信じ続けてくれたスタッフの方々、沢山声をかけてくれる先輩方、同級生。私はみんなに支えてもらいながらプレーをする事ができました。
個人的に「チームに必要不可欠な選手になる」という目標を立てていました。チームに必要のない選手はいませんが、チームを勝利に導ける選手になるという意味も含めて、その目標を立てました。しかし、練習中や試合中、辛い時に弱い自分が出てしまい、チームの為にプレーをする事ができませんでした。辛い時こそ本当の自分が出ます。今の私は弱いです。変わるのは簡単ではありませんが、強い選手になり私のプレーでチームの流れを変えられるようにします。
2022シーズンは一部で戦える事になりました。とても厳しい試合が続くと思います。2021シーズン以上に通用しない事も増えてくるかもしれませんが、ミスする事を恐れず、辛い時こそチームの為に戦い、チームに必要不可欠な選手になります。

私は今、一部で戦える事にワクワクしています。チャレンジャー精神を忘れずに、一試合一試合を楽しみながら、自分らしいプレーをします。また、今までは1年生だったので先輩についていく事ばかりでしたが、一つ学年が上がり後輩が入ってきます。なので先輩についていくのではなく、チーム全体を引っ張っていけるようにします。
2022年、チーム全員で日本一を目指して日々切磋琢磨していきます。これからも結果で恩返しをしていけるように精進して参りますので、十文字学園女子大学の応援をよろしくお願い致します。

こんにちは。東京リベンジャーズの続編が待ち遠しくて夜も眠れません。新2年のオモロジェバ英里香です。今年も宜しくお願い致します。
私が、十文字学園女子大学サッカー部に入部してから早くも1シーズンが終わりました。
2021シーズンは、チームとしては日本一を目指す上での「一部昇格」という目標を達成する事ができました。二部リーグを優勝し、入れ替え戦への切符を手にして、入れ替え戦で勝利する事ができたこと、十文字学園大学の歴史を変えるスタートを切れた事はとても嬉しかったです。そして、1年目にしてとても良い経験をする事ができました。
私自身、2021シーズンは”前十字靱帯損傷”と言う大怪我をしたままの入部で、チームメイトより半年近く遅れてスタートしました。復帰してからもなかなか痛みがとれず、思うようにプレーする事ができなかったり、悔しい思いをする事が多い1年となりました。このような状況の中でも、時間は短くても試合に出場する機会や本来のポジションではない所も経験したりと大学初シーズンで良い経験をさせていただきました。
2022シーズンは、一部でプレーする事になります。先日行われた、全日本大学女子サッカー選手権で優勝した早稲田大学を含む、高いレベルの相手と対戦していきます。二部を優勝しても、私たちの上には沢山のチームがいます。私たちはまだ、一部の中で最下位です。「日本一」と言う明確な目標がある中で、これまで以上に練習に取り組んでいかなければなりません。覚悟を持って一部リーグで戦いたいと思います。
そして私は、入部してすぐの自己紹介の記事でも書いたように、「チームの最大目標である日本一に貢献できる選手になること」という目標も叶えられるよう怪我とも向き合いながら、日々精進していきます。

最後となりますが、2021シーズンもコロナ禍ではありましたが、有観客の際は現地に足を運んでくださったり、無観客の際は配信を見てくださったり、沢山のご声援ありがとうございました。多くの方々に支えて頂き、応援してもらえる事がどれだけありがたい事であるかを実感することができました。
今後とも十文字学園女子大学サッカー部を宜しくお願い致します。