「2021年シーズンから2022年へ〜新4年生〜」

こんにちは!

そろそろ実習が始まり、ドキドキしている幼児教育学科 新4年 梶井鈴音です。

昨年は、たくさんのご支援、ご声援を頂き誠にありがとうございました。

本年も、十文字学園女子大学への熱い応援を何卒よろしくお願い申し上げます。

ところで、初夢は見ましたか?

一富士二鷹三茄子の夢を見ると縁起がいいと言われていますが、富士は「無事」、鷹は「高い」、茄子は「成す」という言葉にかけられているという事を最近知りました。

そして夢といえば…

私は小さい頃、たくさん夢がありました。サッカー選手に、プリキュア、お花屋さん、ケーキ屋さん、幼稚園の先生、レジ打ちの人(これに関してはセルフレジの開発によって叶ってしまいました)、フィギアスケート選手、歌って踊るアイドルなんかもちゃっかりなりたいと思っていました。

ただ、本気でなりたいと思っていたのは多分、レジ打ちの人くらいです。

そして、歳を重ねるにつれてほとんど夢は口にしなくなりました。

夢を語る自分に臆病になっていたからです。

しかし、いま私には夢を語れる自信があります。

小さかったあの頃のような純粋な気持ちで語っているのかと問われると少し違う気もしますが、あの頃のように大声で夢を言えます。

 「日本一のチームを創ること。

そして、日本一のチームの一員として、得点に絡んで活躍すること。」

これが今の私の夢です。

なぜ、私が大声でこの夢を語れるかというと、「夢を叶える方法と自信」を手に入れたからです。

「夢を叶える方法」

その一 目標と目的を明確にする

その二 目標を分解し分析する

その三 分析した目標を行動レベルに落とし込む

あとは、どこまでやるか、はたまたやらないのか。それは自分次第です。

やらないで後悔する方が、やる事よりも何倍も辛い事を知っているからこそ、私にはやるという選択肢しかありません。

そして、やりきる覚悟と自信という最強の武器を持ち合わせています。

2022年シーズン、夢を叶えるための行動をし、必ず達成してみせます。

誰がなんと言おうと、自分の夢を叶える事ができるのは自分のみです。そして、責任を負うのも自分自身です。たくさん考えて、挑戦していく一年にしていきます。

関東大学女子サッカーリーグ一部で戦う私たちの新たな足跡を、是非ご覧下さい!

そして、今後とも温かいご声援をどうぞよろしくお願い致します。

こんにちは!

来週から始まる小学校でのボランティア活動が楽しみと緊張でワクワクドキドキが止まらない新4年 野路菜々恵です。

2021年シーズン、たくさんのご支援、応援、誠にありがとうございました。

引き続き、2022年シーズンも十文字学園女子大学サッカー部の応援よろしくお願い致します。

ついに大学生活最後の年を迎える事となった私の今を書いていきたいと思います。

2021年シーズンは、チームとしてシーズンの最大の目標としていた関東大学女子サッカーリーグ一部昇格を達成する事ができた素晴らしい1年となりました。

私たちが二部優勝、一部昇格という結果を残せたのは、応援してくださるたくさんの方々、スタッフ、選手、十文字学園女子大学サッカー部に関わる全ての方々の力が一つの方向を向いて進んでいく事ができたからだと思います。

そんな素晴らしいチームに所属してサッカーができている事をとても誇りに思います。

2022年シーズンでは、この素晴らしいチームの一員であり、関東大学女子サッカーリーグ一部に所属するチームの一員である自覚と責任を持って取り組んでいきたいと思います。

少し話は変わりますが、私が十文字学園女子大学に入学し、サッカー部に所属して早くも3シーズンを終え、ラストシーズンを迎える事になりました。

ここまでの3年間、私がこのチームでサッカーを続けてこれたのは、スタッフや仲間のおかげです。特に同期の八人には感謝してもしきれないくらい、いつも助けてもらっています。同期のみんながいなかったら私は今、ここにはいないでしょう。

私は、2021年シーズン、関東大学女子サッカーリーグのメンバーには一度も入ることができませんでした。選手としてチームが二部優勝を決めた瞬間に立ち会うことも出来ず、悔しいもどかしい1年となりました。関東大学女子サッカーリーグのアウェー戦に帯同できない日もあった為、自分の時間を取ることもできました。また、東京都リーグで試合出場の時間を得ることができた中で自分に矢印を向けて課題の改善に取り組むことができていませんでした。サッカー面での技術、言動、意識、さまざまな所に足りない部分、弱さがあったと思います。

私にはまだあと1年、時間があります。

あと1年、時間があると捉えるのか、1年しか時間がないと捉えるのか。自分次第です。

私は、あと1年、時間がある。と前向きに捉え、今年の個人的目標としている、様々な変化に気づき行動できる人になれるように今まで以上に色々な人とコミュニケーションを取って行きたいと思います。サッカー面でもしっかりと自分に矢印を向け、自分自身と向き合うことで成長し、ONでもOFFでも後悔のない1年を過ごします!

応援してくださる皆様の期待に応えられるよう、最大の目標である「日本一」に向けてチーム全員で取り組んでいきます。

最後になりますが、2022年シーズンも十文字学園女子大学サッカー部の応援をよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です