「1年生自己紹介 中山涼(なかやますず)」

こんにちは。
はじめまして。
健康栄養学科の中山涼です。
ポジションはDFです。

私は将来、高校の女子サッカー部の監督をしたいと考えています。
私が進学する健康栄養学科では、保健体育教諭と栄養士の資格を取得できる為、サッカーだけではなく、「女性の身体の悩み」や、「栄養面」についても学ぶ事ができます。なので、私はこのような知識を持ち、サポートできるような教師、指導者になりたいと考えています。
そのため、自分自身がこの大学4年間でサッカーをする上で、どのように食事をとれば良いのか、自分の身体でさまざまなことを試していきたいと思います。


私は高校3年間寮生活をし、部活動中心の生活をしてきました。
高校でも日本一を目指し、まずは、全国大会出場をするために日々サッカーに打ち込んできました。ですが、関東を突破することはそう簡単ではなく、2年連続関東大会一回戦敗退という結果で、悔しい思いをたくさんしてきました。
高校生活最後の1年は、副キャプテンとしてチームを引っ張ることの大変さ、周りを支えることの大切さをを学ぶことができました。三度目の正直で、やっと関東大会3位という創部初の歴史を刻むことができ、全国大会出場の切符を掴むことができました。しかし、全国大会では、一回戦敗退と言う悔しい結果で終わってしまい、勝負の世界はそれほど簡単なものではないと思い知らされました。
大学ではもっとさらに厳しい世界だと思いますが、チームにとってプラスな行動をし、泥臭く、最後まであきらめず、勝ちに行くことを前提に、先輩方、スタッフの皆さんが作り上げてきて下さった、この十文字学園の歴史をまたさらに塗り替えていこうと思います。また、日本一を目指して日々奮闘していこうと思います。

最後になりますが、このような状況の中でサッカーが出来ていることは当たり前ではないこと、応援して下さる方々のおかげだということに改めて感謝し、”日本一”になる為に日々努力し、成長していく姿を見ていただければと思います。これからも十文字学園女子サッカー部の応援をよろしくお願い致します。