「1年生自己紹介 佐怒賀理子(さぬがりこ)」

こんにちは。初めまして。健康栄養学科の佐怒賀理子です。ポジションはゴールキーパーです。

高校から大学へとカテゴリがひとつ上がり、その中で戦っていくには、大切な事、努力すべき事など沢山あります。私はその中でも『体づくり』はとても重要だと思っていて、私はアスリートの食生活を身につけ、体格差のある相手にも負けないような強い体作りをしていきたいと考えています。私が進学する健康栄養学科では、健康づくりのための運動やスポーツをする人のための食事を学ぶことができ、また、保健体育教諭と栄養士の資格を取得する事もできます。なので私は、サッカーだけでなく、学業にも全力で取り組んでいきたいと考えています。

私がサッカーを始めたきっかけは兄の影響でした。2人の兄がサッカーをしているのを見て、兄達を追うように年長からサッカーを始めました。私が小学生の頃は、毎日学校のお昼休みに友達と一緒にサッカーやバスケをしたり外で遊ぶのが大好きな活発な子供でした!そんな私が中学1年生、「TBS高校女子サッカー選手権」を初めて観たときのことです。決勝は十文字高校と大商学園でした。決勝点も鮮明に覚えています。その日、私は人生で初めて大きな目標に出会いました。私も高校サッカーで日本一になりたい。そう強く思いました。そして、高校3年間「日本一」という目標を掲げて寮生活をすることを決意しました。高校生活では、サッカー漬けの毎日を過ごしましたが、3年生で最後の大会は、インターハイ第3位。選手権初戦敗退。という悔しい結果で終わってしまいました。日本一になることは叶いませんでしたが、この3年間で人としても選手としても大きく成長することができたので、挑戦してよかったと思っています。

このチームで関東リーグ1部昇格した状態から入部した初めての学年。チーム全員が仲間でありライバルです。1年生らしく貪欲で我武者羅に頑張ります。そして、私達1年生が1部リーグで戦えることは、先輩方や卒業生が努力を積み重ねてきた結果です。決して当たり前ではありません。感謝の気持ちを忘れずに精一杯プレーしていきます。そして、必ずチームに貢献できる選手になります。
十文字学園女子大学サッカー部の応援を宜しくお願い致します。