「1年生自己紹介 三谷 碧葉(みたにあおば)」

こんにちは。はじめまして。
幼児教育学科の三谷碧葉です。
ポジションはミッドフィルダーです。

私が幼児教育学科を選択した理由は、子どもが好きだからです。私の高校にはよく保育園児が遊びに来ます。そんな元気で可愛い保育園児を見てると、練習で疲れていても疲れが吹っ飛んで元気をもらえます。十文字学園女子大学では、1年次から実際に現場で保育士として必要なことを学ぶことができ、それに魅力を感じ、十文字学園女子大学で保育を学びたいと思うようになりました。

ですが、私が十文字学園女子大学に入学すると決めた一番の理由は部活動です。私は高三の時、何度か十文字学園女子大学の監督の練習を受けました。その練習を受けるうちに、自分の弱点だった正確なパスが少しずつ改善されていきました。練習の質が高く、選手一人一人が高い目標を持ち真剣にサッカーをしている姿、監督の熱血な指導と勝ちに対する強い思いを見て、私もここでなら自分に厳しく真剣にサッカーを学べ、自分のレベルアップもできると思い、ここでサッカーをしたいと思いました。自分の好きなサッカーをできることは、当たり前のことでは無いので、サッカーを真剣にできるこの環境への感謝の気持ちを忘れずに、まずは目標である「インカレ出場」そして「日本一」を達成します。チームを勝利に導いていける選手、また私のプレーで一人でも多くの人を笑顔にさせます。そして、伸び伸びとサッカーをさせてくれて、いつも一番の味方でいてくれる家族に結果で恩返ししたいと思います。

これからも十文字学園女子大学サッカー部の応援の程、宜しくお願い致します。