「関カレ 第9節 vs日本大学」

こんにちは。最近貯金が無くなってきた事に焦り始め、プールスクールのバイトを初め、初日監視で3時間ずっと立ちっぱなしだったけど、イケメンコーチが居て3時間なんてあっという間に感じた、3年 寺田妃花です。

6月18日(土)に関東大学女子サッカーリーグ1部 前期第9節日本大学戦が行われ、0-3(0-2、0-1)で敗戦という結果となりました。
今回の試合で言うと日本大学となりますが、私達は毎試合、相手に対してこのような攻撃や守備をしよう。また、得点する為にどのように攻撃し、失点しない為にどのように守備をしたら良いか。この様に私達は、その試合に勝つ為に、ひとりひとりが明確に徹底すべき事を知っています。それなのになぜ、それが毎試合毎試合できないのでしょうか。もしくは、なぜ試合の後半はできるのに前半はできないのでしょうか。
私はこう思います。ひとりひとりのサッカー偏差値が低く、技術が劣っているから。そして、ひとりひとりがこの理由を知っている、分かっているはずなのに、それを改善する為にどうにかしようという思いを抱き、何か行動を起こしたり、逆にその弱点を薄める程に長所を磨き上げたりしようとしないから。

これが十文字学園女子大学サッカー部、そして私の現状だと感じています。
この状況をどうにか変えようと努力する事は、本気で勝ちたいと思っているのなら誰でもできます。しかし、今のチームは、その努力をしている人が居ません。私もその1人だと思います。ただ、勝ちたい。勝ちたい。と言っている口だけのチームです。
私は、ゲームキャプテンとしてこの現状をどうにかしてでも、なんとしてでも変えたい。ですが、この現状を変えるためには、チームは私1人では無いので、チームを形成するひとりひとりの想いや努力が必要です。私もそのひとりひとりの1員という中で、まずどの様に自分を変えていくのかを考え、明確にする必要があると思います。また、私自身が2倍レベルアップすれば良いだけでもあります。
私の場合、ゲームキャプテンという立場ではありますが、試合中はボランチというチームの心臓という立場でもあります。今回の日本大学戦では、ボランチである私が、相手の攻撃で何をされるのが1番嫌なのかというのを試合の入りで気付き、守備の部分で最終ラインに対して改善を促すようなコーチングができず、後手の守備になってしまっていた事に問題点が大きくあると思っています。今私には沢山の課題がありますが、その中でも上に記した様に、「試合中、相手の攻撃や守備時に相手の状況やボール状況が変化していく中で、すぐそれに気付き、我々の攻め方や守り方を変えたり、決断する事ができていない。」という点が第一に挙げられます。他にも、パス&コントロールの部分や先手でコーチングをするという部分が挙げられます。こんなボランチではチームの勝利のカギになること、キーマンになることは不可能です。

この様に私には沢山の改善点があり、これを練習でひとつひとつクリアしていく事がチームの現状を変えていく為の第1歩でもあると考えます。チームを形成するひとりひとりが私の様に改善点を多く持っていると思いますが、まずそれを明確にし、真摯に向き合い改善していけば少しずつかもしれませんがチームは変わっていくと思います。
この現状を変えるのは、ひとりひとりです。
関カレ残りの試合、全て勝ちに行く為に、ひとりひとりがアクションし続け、チームを変えていきましょう。

最後になりますが、スポーツ日大アスレティックパーク稲城まで応援に来てくださった保護者の皆様、ライブ配信にて応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。次節は必ず勝ちという結果で応えられるよう、全力で練習に取り組み、全力で試合に挑んで参ります。
拙い文章ではありましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後とも十文字学園女子大学サッカー部へのご声援、ご支援の程宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です