「関カレ 前期第1節 vs日本体育大学」

こんにちは!髪型を変え、脱ボーイッシュ中の2年佐藤萌里です。

9月11日(日)に延期となっていた関東大学女子サッカーリーグ前期第1節 日本体育大学戦が行われました。結果は、0-2(0-1、0-1)の敗戦となりました。私たちは今13試合おこない、2勝11敗です。勝ちきれない試合が続いています。しかし、試合をこなしていく中で私たちはとても成長しています。これは誰に何と言われようが胸を張って言えます。成長していくのは大切ですが、成長すればいいわけではありません。勝たないと意味がありません。

私個人として今までの試合を振り返ると、シュート数24本に対して4得点。アシスト0。攻撃の選手として出場しているのにこの記録はとても悔しく、情けないです。一年生のときは先輩についていくことが多く、自分から何か行動を起こすことはほとんどありませんでした。今年は自分がプレーでチームを引っ張るんだという思いを持って練習や試合に挑むようにしています。
その中で、私が得意としている縦突破や、シュート、スピードを活かしたプレーが一部の世界では通用しないことばかりです。一部は自分よりもはるかに個人レベルの高い選手の集まりです。分かっていたことではありますが、実際にプレーをすると正直ここまで通用しないのだ。と、もどかしさを感じることもありました。しかし、全く通用しないわけではなくその中で点を決めることができたり、私より上手い選手を抜いてチャンスをつくったり、得意なプレーを出せる場面が増えてきました。
だからこそ、あと一歩のところで決めきる、良いクロスをあげきるというのを徹底していきます。私は緊張しやすいタイプで、試合前緊張しますが、それよりもまた私よりも上手い選手と戦えるんだ、どこまで通用するんだろうというワクワク感があります。一部でしか味わえないこの感覚が最高です。

私はこのチームが大好きです。ベンチに入れる選手、ピッチに立てる選手は数に限りがあります。スタメンで試合に出られない選手、ベンチに入れず悔しい思いをしながら運営やサポートをしてくれている選手がたくさんいます。そんな選手が、”頑張って!点取ってきてね!”など試合前に必ず声をかけてくれます。私はその度に仲間の分も戦わないといけない!と思います。
ピッチに立つ選手はチームの代表として出ているからこそ、恥のないプレーをしないといけません。もともと私たちの今シーズンの目標は”インカレ出場”でしたが、現状としては”一部残留”になってしまっています。もちろんインカレ出場を諦めたわけではありません!
このチームでインカレに出場したいです。ではなく、必ず一部に残留し、インカレに出場します!!そのためには、日々の練習中から、もっと選手同士で戦い合い、求め合い、ミスを許し合わず切磋琢磨していくことが必要です。確実に勝ち点を積み重ねていくために一人一人が真摯に自分と向き合い、どうするべきなのかを考え、勝てるチーム作りをします。私たちは日々成長し続けるチームです。一部で戦うのはゴールではなく、通過点です。カンカレ最終節までどれだけ十文字学園女子大学が成長していくかを見ていただけたら嬉しいです!私たちは個人としても、チームとしてもまだまだ成長し続けます!!

最後になりますが、このようなご時世のなか私たちがサッカーできていることは当たり前ではなく、サポートしてくださっている方々、YouTube配信を見て応援してくださっている方々のおかげでです。
これからも感謝の気持ちを忘れず、必ず結果を残していきますので、これからも応援の程宜しくお願い致します!!