「関カレ 後期第6節 vs早稲田大学」

こんにちは。妹と買い物をしていると、妹の方が大人っぽいせいなのか私が妹と間違えられてしまい女子力を上げようと決意をした1年の三谷碧葉です。

9月25日(日)に関東大学女子サッカーリーグ1部  後期 第6節 早稲田大学戦が行われました。結果は1-1で引き分けとなりました。

これまでの結果を知っている人ならわかると思いますが、今回戦った相手は私たちより順位の高い相手でした。 また、前期0-2で敗戦した相手でした。前半の最初から相手にペースを握られてしまい、守備の時間が多くありました。その中で、数少ない攻撃のチャンスをものにできたことは、3ヶ月前に行われた 前期第6節 早稲田大学戦からの成長だと思います。前節と同様に勝ち点を積み重ねられたことはとても良かったと思いますが、私を含めチーム全体が勝ち切りたかったと少し後悔が残る試合でした。

私は、怪我をしていたため前期での出場は1試合もなく、後期から試合に出るようになり、今回は今シーズン初めてのスタメン出場でした。今までは外で選手の頑張りを応援したり、選手が良い気持ちでサッカーをできる環境作りやサポートをしたりする立場でした。自分がピッチに立ったらこうしようとイメージしていたものの、いざピッチに立つと、高校サッカーとはかなり違うと感じました。
フィジカル面やスピード感、私はスピードを武器としているのにも関わらず、スピードで負けることも多くありました。
今回の試合でも通用する場面は多くはありませんでしたが、改めてサッカーの楽しさを知ることができました。今まで点が決まった時、私は外で喜ぶことしかできませんでしたが、初めてピッチ内で喜ぶことができ、自分が決めた点ではありませんが、今まで味わったことの無いような嬉しさを感じることが出来ました。スタートラインに立つのが遅れた分、他の選手よりも経験は少ないですが、外で見てきたからこそわかることはたくさんありました。自分の長所を更に伸ばし、誰も止められないくらいのスピードとドリブルでチームの勝利に貢献していきます。

ここで私が最近ハマっている「アオアシ」というアニメを少し紹介します。
このアニメはサッカーの話で、主人公の青井 葦人は元々技術もなく仲間とのトラブルも多い選手です。
そんな青井 葦人の良い所は、努力家なところと自分の長所を活かせるところです。練習後は1人遅くまで残って自主練をしたり、誰かに指摘やアドバイスをもらったら素直に受け入れたり、練習や自主練を通してすぐに改善していきます。また、試合を重ねるごとに自分の長所をどんどん伸ばしていき、失敗をしても何度もチャレンジし続けていきます。
このアニメは9月24日(土)に最終回を迎えましたが、毎週土曜日に放送されていました。基本カンカレは日曜日にあるので、土曜日にアオアシを見て、サッカーについて学んだりモチベーションを上げたりして試合に挑んでいます。
私は、この主人公のように失敗しても何度もチャレンジし続けていきます。チャレンジし続けるのは私だけではなく、チーム全員で徹底していくことです。
この先の試合も決して甘い試合は1つもありませんが、どんな相手にも個人としてもチームとしても何度もチャレンジし続けていくので、そんな姿を見ていただけると嬉しいです。

最後になりますが、このような状況の中でも何不自由なく、好きなサッカーをすることが出来ることへの感謝の気持ちを忘れずに、必ず結果で恩返ししていきます。
今後とも十文字学園女子大学サッカー部へのご声援、ご支援の程宜しくお願い致します。最後まで読んで頂きありがとうございました。