「都リーグvs立川FC」

こんにちは。最近、韓ドラにハマりすぎている3年 檜垣萌です。
11月20日(日)に東京都女子サッカー1部リーグVS立川FC戦が行われました。結果は3-1(2-0、1-1)で勝利することが出来ました。今回はいつもとグラウンドの状況が違う中での試合でした。そのため、何が起こるか分からないからこそ、攻守において最後まで粘り強く、チャレンジをし続ける試合でした。

これまでの試合では、前回のスフィーダ世田谷FCユース戦など、勝ち切ることができない、引き分けや負けが続いていました。そのため、今回の試合で勝ち切れたということは良かったですし、私たちにとって大きな一歩だと思います。ですが、試合内容としてはあまりいいと言えるものではありませんでした。
その原因としては、シュートチャンスを決め切れなかったことやセットプレーからの失点で、無失点で試合を終えることが出来なかったことです。これは、これからの課題になります。

練習の時から”セットプレーはチャンスであり、ピンチである”と言われている中で、FC PAF戦と同様に相手のセットプレーからの失点だったので、悔しさもあります。改善できていない事が今回だけの課題ではなく、これから続いていく試合の中での大きな課題だと思います。
また、前回までは守備する時間が多く、チャンスが少なかったのに対し、今回は攻撃の時間が長く、セットプレーの機会やシュートの数も上がったことは次回に繋げて行き、確率が上がった分、次回は精度も上げて行きたいと思います。

ここからは少し私の話をしたいと思います。
最近の試合では、よくボランチというポジションをやることが多いのですが、今回はトップ下というポジションをやりました。だからと言って、どこのポジションでもやる事は変わりません。
攻撃では、遠くからでもチャレンジしてシュートを打つことやコーナーキックではキッカーをやっているのでいいボールをあげられるようにし、守備では前線からの速いプレスを意識しました。
試合後に動画を見返してみて、シュートを多く打っていたことやコーナーキックで直接ゴールし得点することができた事は良かったですが、フリーの時にもう一個ドリブルで運んでからシュートを狙えたことや決め切れなかったこと、プレスの距離が遠くなって取り切れなかったことなど、今回出来なかった課題を次節の十文字高校との試合で活かせるよう、練習に取り組んでいきたいと思います。

最後になりますが、いつも多くのご支援とご声援をありがとうございます。
今後も試合は続きますが、試合で勝ち進んで行けるよう、感謝の気持ちを忘れず日々の練習に取り組んでいきます。
これからも十文字学園女子大学サッカー部への応援を宜しくお願い致します。